FC2ブログ

公園猫

03 /06 2013
初めて訪れる海辺の公園。
駅を降りれば界下には海がキラキラ。

下はすぐに海
少し寒いけど、天気は良いし猫にも会えそうな予感。

白黒猫
しばらく歩るくと程なくして公園があり、遠目に白黒の猫が見えた。
近づくと、この子がチョコンと座っていた。

キジトラ
すぐそばには、陽射しを避けるように植木に隠れたキジトラさん。
なかなか立派な体格で「にゃぁ~にゃぁ~」話掛けられた。

ベンチの下のキジトラ
その後はベンチの方へと移動。
端にチョコンと写っているのは、エサやりおじさんの自転車。
毎日、ここで猫達にゴハンをあげているのだとか?
残念ながら近くまで寄る事は出来るのですが撫でるまでには至らずにスタスタと逃げてしまいます。
さっきから話掛けていたのは「こっちへ来るな!」だったのかな。

130224P2241722.jpg
その一方で、私の周りをウロウロしていて撫でると足下でゴロンとしちゃった白猫。
最初に出ていたハチワレ風の子と一緒にくっついていたので親子かな?

遊ぶ白猫
こちらの子は、とても甘えん坊で足下にじゃれたり抱え込んだり。
そして目の前でゴロン。

遊ぶ白猫
ストレッチまで始めてしまった。
ならば期待に応えてあげなきゃいけないかと、バッグからおもちゃを取り出すと俄然、興味はおもちゃに向いちゃいました。

遊ぶ白猫
まだ、仔猫みたいだからと思っていたけどノリノリで飛びついていましたよ。

遊ぶ白猫
抱え込んで大騒ぎ。楽しそうだね。
「これっ!もらったよ。」と抱え込んじゃった。

遊ぶ白猫
私の方は、そんな仕草をカメラに収めていたら「動かないよ」と抗議の目?

おもちゃと格闘
ちょっと写真撮るのに神経が集中して、おもちゃが疎かになってしまった。
しからばと今度は上下運動。
猫パンチしたり、飛び掛ったりと満足した様子でした。
ちなみに手前の黒い部分は座り込んで、おもちゃを動かしている私です。(笑)

さて公園で猫と遊んだ後は、少し小高い山の方へと向いました。

キジトラ1
坂道の途中で見掛けたキジトラ。
日差しを浴びて気持ち良さそうに寝ています。

キジトラ2
こちらの子は木影で少し日差しを避けるようにお休みでした。

キジトラ3
ここには、3匹のキジトラがいたのですが、その中でも一際大きな子。
日差しが眩しくて笑っているようにも見えます。

展望台
山の頂上には展望台があって海を見渡せるのですが、展望台の上から床を見ると面白そうな色の模様が。

キジトラ
来た道を下りる途中、先ほど見た大きなキジトラがゴロンと寝そべっていました。
他の2匹は何処かへ行ってしまったか、姿が見えなくなっていた。

茶白の二毛
帰り道で、チョコンと座っているニ毛を見掛けた。
この子は愛想よくて、すぐに寄って来てくれました。

寝ている白猫
最初はビニール袋でも落ちているのかと思って近づいてみたら白猫でした。
「誰がビニール袋だ!」と少々お冠か?
いえいえ、お休みのところを起こされて機嫌が悪いのでしょうね。


<緊急事態>
昨年来、地域で可愛がられている猫が突然いなくなると言う事態が発生しております。
特にここ数ヶ月で多くの猫がいなくなりました。地域で可愛がられ人にも慣れている子だけでなく、首輪をした飼い猫までが連れ去られております。
私の知る湘南地区だけでなく東京、横浜でも発生しているので外で飼っている方はもちろんの事、地域でお世話をなさっているボランティアの方々もご注意下さい。
また、当ブログをご覧の皆様にお願いです。
これ以上、被害を拡大させない為にも皆様のブログでも同様の呼び掛けをしていただけると幸甚です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

遊んでもらった白ネコさん、
背中の模様が面白いですね、色合いも個性的!
最後から2枚目の、ちょこんと座っているネコ、
「おかえりやす」って三つ指ついてるみたい。
可愛いですね~
今日も暖かかったけど、明日はもっと暖かい見たい。
猫たちものびのび出来るでしょうね。

地域猫たちの被害の話、
あまり効果は望めませんが、私もブログにも記載させていただきますね。

No title

白猫さんはキレイな子なので家猫さんでしょうか? ビニール袋は失礼しちゃいましたね~(笑)

暖かくなってきたせいか、外猫さんたちの顔にも余裕がありますが、気を許して悪い奴にさらわれないようにと、言い聞かせておかないといけません!

虐待目的もありますが、商売(商品)がらみの捕獲だと思いますので、大元を絶つことと消費者の意識も重要な問題ですね・・・
 
 

No title

昨年来の猫の連れ去りには怒りを憶えます。
猫が可愛かったのでつい…という感じではないですよね。
もしそうだとしても世話をしている人に了承を得ててからにするべきです。

ワタシも自分のブログに引用させてもらいました。
少し勇み足な記事になったかもしれません。
当事者では書けない第三者としての本音を書いたつもりですがまずかったら訂正、削除しますのでご連絡を。

No title

マクさん こんばんは!
最近、純粋に白い猫が少なくなって、このようなポイント混じりの子をよく見かけます。
ご指摘の猫は、猫の姿を見かけなくなってきたと思い始めた頃に「ここにもいるよ!」とばかりに出て来ました。

記事拡散ありがとうございます。
少しでも多くの人たちの監視の目が集まることで被害を防ぐことが出来ればと思ってます。

No title

pmarinさん こんばんは!
この辺りの子は地域の人たちで話し合って世話をしている地域猫だそうです。
いやぁ~、あまりにも白いのでまさか猫とは思いませんでした。(笑)
遠目に石やビニール袋を見かけると猫だと思い駆け寄るのですが、大抵は違っているのに今回は全く逆のパターンでしたね。

色々な可能性が考えられますが、少なくとも可愛がってくれるという目的ではないようです。
仰る通り目的がなくなるのが一番の解決法なのかも知れませんね。

No title

テツさん こんばんは!
記事の転載ありがとうございました。
可愛いからと連れて帰って、いざ飼ってみると鳴き声がうるさいとか、果てはペット飼育禁止だったと言うふざけた話を聞きますね。
ましてや、そこで世話をされている方はエサや病院代も全部自腹で負担しているのに、断りもなしに持っていくなんて言語道断ですよね。

テツさんの記事に全く問題ございません。
どうもありがとうございました。

punkuma

写真撮影が趣味のサラリーマンです。
日々、外猫を追っかけながら写真撮ったり遊んだり。
時折、季節の花々や風景などをカメラに収めております。