FC2ブログ

02 /10 2013
CP+を午前中で切りあげ次に向かったのは、本来いつもやっている猫散歩。
「ここは何処から猫が出没するから分からないよ」と言う私の言葉にメンバー一同、カメラとレンズを準備して周囲を監視しながら前を進む。
早速、猫発見。

警戒モードの三毛猫
駐車場の奥の方に三毛猫がいた。
突然現れた人間に警戒モードありありです。

黒覆面の猫
公園には黒覆面をした子がフェンスを乗り越えてやって来た。
この後は続々と集合。

サバ白の爪とぎ
サバ白の子が一生懸命に爪研ぎしている。
猫が爪を研ぐ時は狩りの準備以外にも嬉しい時などがあるので、下僕がいっぱい来たと歓喜しているのか?

さて、本格的に腰を据えて撮ろうかと思っていたところで近くで遊んでいた子供達が猫を追い駆け始めた為、集まった猫達も一斉に散ってしまった。
仕方ないので、ここは子供がいなくなる時間を見計らってまた来る事にして次のエリアに進むこととした。

耳だけ三毛
ここは、いつも行く場所なので猫達もお馴染み。
先ずはハートがお出迎え。
この子の背中には黒いハート模様があるのですが、なかなか背中を撮らせない。(笑)

ハチワレ
鼻黒のハチワレがいた。
こいつは未だに慣れないなぁ~。

ワンポイント白猫
ハートに似ているけど耳の模様が一か所だけ。

三毛
いるんだかいないんだか、よくわからない三毛ちゃん。
ここの猫達の中では、立場が弱いようでいつも控えめ。
もう1匹、木に上っている事が多い大きな三毛がいるのですが、ここ半年以上姿を見掛けていない。
もっとも葉の生い茂る大きな木の上から降りて来ることが多いので気がつかないだけかも?

ゴージャスな黒猫
ちょっとゴージャスな毛皮を纏ったような黒猫。

階段を上る黒猫
近づくと逃げるくせに立ち去ると追い駆けて来る奴。

遅れて来たサバ白
大抵、いつも遅れて来る遅刻魔のサバ白。
相棒の茶トラとは、とても仲良しだが突然激しく猫パンチで殴り合うという面白い関係。

ここの後、また元の場所へと戻ります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

猫は、地面にいるとは限らないから、油断ならないですね、
2枚目のフェンス超えの猫ちゃんみたに、どこから現れるか分からない!(笑)
でも皆さん猫を撮る為にしゃがんだり、視線を低くして撮っていたんだろうなと思うのですが、
何人もの大人が腹ばいになってる姿を想像して笑えてきました(笑)
まぁ腹ばいにはなってなかったかもしれませんが(笑)
爪とぎしてる猫ちゃん、真剣な顔ですね。
下僕が沢山来て、喜びの爪とぎだったのかなぁ~!

No title

ここは本当に猫がゾロゾロ...ですねぇ。
集会仲間^m^?のpunkumaさんのご案内~、だからかもしれないけど。
一生懸命爪とぎの子の表情がたまらないわ~。
他の方の写真も見てみたいなぁ。
↓カメラのことはさっぱり???だけど、Q10は可愛いなって思ってるんですよね。
シロウトでも扱えそうかしら?

No title

今回の猫散歩ショットも猫ちゃんの一瞬を瞬時に捕えて
シャッターを切っているのは凄いと思いますよ~(#^-^#)
黒覆面をした猫ちゃんも細い竹の上に乗っかって
今から下に飛び降りようとしている所かな~?
そんな時でもpunkumaさんに目線を合わせてるしカッコイイ
瞬間を写して貰いたかったのかニャ~(*^o^*)

サバ白ちゃんも天然の木でバリバリと気持ち良く爪とぎをして
これから何処まで遊びに行くのかニャ~(*^-^*)

No title

マクさん こんばんは!
元々、高い所が好きな動物なので場所とかで地面よりも屋根の上とか高い場所にいる方が多い時があります。
猫撮りに限らず、視線の高さをあわせるのは基本なので猫撮りは大変ですよ。(^-^;
爪とぎしている時って、たまにこちらをチラッと見るモノですが、この子は一心不乱でした。(笑)

No title

ちゃちゃさん こんばんは!
今回は猫好きが集まったので、猫達も何かを感じて出て来たのでしょう。(笑)
一眼というと、あまりカメラの知識がない人には扱えないと思いがちですが、そんな事ないですよ。
自分なりの表現をしようと思うと色々と覚えなくてはいけないことがありますが、目の前の光景を綺麗に収めたいと思ったらコンデジよりも簡単に一層綺麗な写真を収めることができます。
そしてその後、自分なりに設定してみると又楽しくなりますよ。

No title

sabatora nyanyaさん こんばんは!
実は、ここの猫達は目立ちたがりが多いようで木登りしたりとパフォーマンスが派手な時があるんですよ。(^-^;
目線くれたのも「こっちへ来るなよ」という警告だったようです。(笑)
サバ白は撮られていることも知らず、本当に一生懸命でした。

No title

いつもながらの素敵な写真ですが、ほとんどのニャンズがカメラ目線なのがすごいですね!
何か秘訣があるのですか?
それともやはり、punkumaさんには猫を引き付ける魅力が?!

クッキリ!ハッキリ!

画像が凄くクリアですねー。
ワタシも最初に自分のフルサイズ機で撮った画像を見た時は明るくて好いなと思ったんですがこちらを見ると自分の写真がすごく眠たい画像に見えてしまいます。
レンズも良いんだろうなー。
後の方の太った三毛さんの質感が凄いです。

No title

H&Nさん おはようございます。
猫も呼べば結構こちらを見てくれるものです。
ここの公園は、人慣れしている子は少ないのですが、近くに住む人がエサをあげているので人間が嫌いという訳でもないようです。
猫は驚かせずにゆっくり近づけば、案外逃げないでいてくれますよ。(^-^)

No title

テツさん おはようございます。
正直、A4サイズのプリントではフルサイズでもAPS-Cでも、あまり変わらない印象でしたが、細かい葉とか毛の部分は明らかに違いますね。
特にノイズの出方はISO感度にして2段程度は違うと感じました。
EOS5DmarkⅢ以降、絵作りを変更したみたいでシャープ感が強くなりました。
こちらの方が万人受けしそうですが、レタッチとかをするときには、これまでの柔らかめの方がありがたいかも?
EOS6Dも最初はチャチだし、スペックも一昔以上前のカメラみたいですが、使ってみると軽いし意外に快適でした。
今は殆どオートで撮って出しで間に合うから時間的には楽かもしれませんね。
今回使用したレンズは蛍石というレンズを使っているのでカメラの性能をフルに発揮できたのかも知れません。

punkuma

写真撮影が趣味のサラリーマンです。
日々、外猫を追っかけながら写真撮ったり遊んだり。
時折、季節の花々や風景などをカメラに収めております。