FC2ブログ

海辺の町で・・・続き

09 /19 2013
前回からの続きです。

キジ白
グルッと一回りして戻ってみると、先程まではいなかった雉白の猫が浜に座っていた。
逆報告に座ってくれると海が背景に撮れたんだけどな。(笑)

キジ白
「じゃ、こっちは?」
う~ん、そっちじゃないけど一応漁港っぽく見えるのかな?

キジ白
そんな事を言ってたら向こう側から黒猫が登場。
一触即発かと思いきや、黒猫は堂々と浜の方へと歩いて行った。

キジ白
雉白は黒猫がやって来た堤防の方へと飛び乗ると、そこで一休み。

キジ白
「オレ、少し休憩するんだから、どっか行けよ!」とシッシとされちゃいました。

網とハチワレ
それじゃぁ仕方がないと辺りを見渡してみると、先程のハチワレが漁で使う網を干している場所でウロウロしていた。
ハンモック気分で、この上で寝るつもりじゃあるまいな?

ハチワレ
「あ~うるさいな!」
どうやら、ここでも迷惑がられてしまったようだ。

空と海
ちょうど雨がポツポツと降り始めてきたので、今日はこれまでと引き揚げる。
それにしても海辺は風が強かった。

まだ時間もあったので食事する場所を探しながら車で移動。

キジトラ
次に来た場所でベンチに座っていたらキジトラが様子を見に現れた。

三毛
三毛もいる。
この子は以前も来た時にも会った事がある子だ。
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
あの時は木に登っていたっけ。
そう言えば、相棒の三毛の姿は見えなかったな。
元気でいるといいのだけど。

キジトラ
キジトラもすっかりリラックス。
私も匍匐前進で近づいて撮った1枚。

雉白
この子は初めて見る子じゃないかな?
すぐに逃げるから思いきや、にゃぁにゃぁ鳴いてスリスリと寄ってきました。
これまで沢山の猫と出会っているけど、この辺りの見極めは未だにつかめません。(笑)


引続き仔猫の里親さんを探しています。詳しくは以下をご覧下さい。
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-162.html

また右側の「里親募集」からも同じ記事を掲載しております。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

匍匐前進...^m^。
やっぱりそれくらいしないとこの姿勢のにゃんこの表情は撮れませんよね~。
ちゃちゃはなかなかそこまでできませーん。ってかその前に逃げられちゃう~~^^;。
空と海の写真、雲の厚みというか立体感?がすごいわー。
↓赤にゃんは無事に生まれたかなー?次に会う時は親子の姿が見られるといいですねぇ。

No title

海辺は猫ちゃん達のハーレム的な場所ですから
此方も漁港近くでは沢山の猫ちゃん達が漁師
さんから新鮮なお魚を貰ってますよ~(=^-^=)
ここで暮らしている猫ちゃん達も漁師さんから
新鮮な魚を貰って食べているのかニャ~♪
公園のベンチでは色んな猫ちゃん達が寛いで
るし、キジトラちゃんベッタリと気持ち良さそうに
してる姿が可愛いですね。
punkumaさんが匍匐前進しながら撮影してる
姿を想像しちゃいましたよ~(=^▽^=)

No title

またここにもチャーミングなネコ達が沢山いましたね~!
ベンチの下から覗き込んでるコ、
punkumaさんのことをどう思ったのかな?
匍匐前進で来るなんて、ネコじゃないのに妙なヤツ~って思ってたりして!?(笑)
でも距離は縮まりましたね♪
ん~?
匍匐前進のショットのキジトラさん、
右端真ん中に写ってる白い手の先は、誰の手??

Re: No title

ちゃちゃさん こんばんは!

匍匐前進は猫撮りの基本ですものねぇ。(笑)
もちろん最初から地面に伏せてはいないですよ。
少し様子を見ながら、ゆっくりとしゃがみ込んで撮っているうちに姿勢が段々低くなるのです。
この日は時折、雨が降ったり止んだりの一日で風が強くて海は大荒れでした。
次回、赤ちゃんがいるといいですね。

Re: No title

sabatora nyanyaさん こんばんは!

こういう漁港のような場所では、猫も釣り人や漁師さんから魚を貰っているようです。
sabatora nyanyaさんの方でも猫のいる漁港があるのですか?
これは、お松大権現様と併せて益々行ってみたくなりました。
キジトラは人見知りなところがあるのですが、三毛は結構人懐こいです。

そうそう、第三者が見ると明らかに異常な光景ですよ。(笑)

Re: No title

マクさん こんばんは!

最近はちっとも新規開拓してなかったので猫を見つける事が出来るか心配でしたが、初めての場所にしては中々上々でした。
ここのキジトラは、あまり人に慣れていないのですぐに逃げようとしますが、こちらが無視していると側でゴロンと寛いだりしていたので、こちらも座って写真撮っているうちにこんな姿になりました。
白い手は近くで一緒に寝そべっている三毛の手なんです。

No title

港や漁港での撮影会は写真家の岩合光昭さんを思い出しますね。
みんな有意義に平和に暮らしている様子が伝わってきました。
匍匐前進…同じ目線になって見てみるとまた違った景色が観れますよね。
猫の方も抵抗感がなく安心しきってる感じがいいですね。
ホッとします(^-^)

Re: No title

猫吉さん こんばんは!

岩合さんは別格の猫カメラマンですからね。
そんな人を思い起こさせてくれるなんて恐縮です。
猫撮りには、やはり同じ視線レベルの方が猫の表情が分っていいんです。(^-^;
そうそう、猫も多少は安心するようですよ。(笑)

punkumaさんに寝転がり用の台車は不要だと思います(笑)
きっと台車にのるより低い視点からカメラ構えてらっしゃるとおもいますから。
わたしなんぞはベタっと転んだら猫去っちゃって、ただの行き倒れなひとに…。

ねこ嫌いのひとは「ねこには表情がないから」って言うけど、punkumaさんが撮るねこたちはいろんな表情を見せてくれます。

Re: タイトルなし

にゃぁさん こんばんは!

まぁ結果的には、そういう事になっても台車があると服が汚れずに済むし。(^-^;
確かに台車よりも低い視線の時ってありますね。
近づいて行くウチに段々と低くなって、最後はカメラを地面に置くように撮っていたり。
家で同じように寝そべって撮っていると頭を踏みつけ背中をドスドスと歩いて行かれることがあります。
外でやられたらショックかも?

そうそう、鳥を撮っていたカメラマンと話をしていたら「猫って撮っても表情がないからなぁ~」と言われて、思わず持っていたi-phoneの猫写真を色々見せましたよ。
ちょっとビックリした顔を見た時に「ざまぁ見ろ!」と思いましたね。(笑)

punkuma

写真撮影が趣味のサラリーマンです。
日々、外猫を追っかけながら写真撮ったり遊んだり。
時折、季節の花々や風景などをカメラに収めております。