上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
小春日和の陽気で東京の桜も一気に開花したようですね。
昨日は通勤途中の日比谷公園や皇居外堀通りでも、一部の桜が綺麗に花を咲かせて道行く人の足を止めていました。

桜
日比谷公園入り口の八重紅枝垂。
今週末が見頃でしょうね。

桜
これは違う角度から撮ったもの。
背景が変わると印象も変るかな?

桜
日比谷公園の池の畔に咲く桜。

桜
池の反対側から逆光で。
逆光は嫌いなのか、ここから撮る人は殆ど居らず。天気の良い日は逆光の方が雰囲気あると思うですが。

桜

桜
こちらは公園内の大きな芝生のある近くに咲く桜。
例年だと手前に咲く寒緋桜の赤を前ボケにするのですが、今年は殆ど散ってしまった。

桜
こちらは、まだ残っている大寒桜の一種。
だいぶ葉桜になって来た。

桜
背景の緑は芝生で、濃いピンクは地面に散った寒緋桜。
背景が綺麗に見える場所を探して同じところをウロウロ。(笑)

桜
皇居外堀通りの大手門近くの枝垂桜。

桜
沢山の人が桜を撮っていたので下の方はカット。
一部分だけをアップです。

桜
関東の明日は雨模様なので、お花見行くのでしたら今日がいいでしょうね。
もっとも、桜写真が目的の私には天候は関係なしで明日は雨の桜を撮りに出かけるぞぉ~。







スポンサーサイト
2014.03.29 Sat l l コメント (8) トラックバック (0) l top
気がつけば年度末で、気持ちばかりが焦る日々。
そして、ブログの方も気がつけば10日近く更新が滞っていた。(アセッ)
自分のルールで、休日は更新なしと決めているけど三連休もあってか、思わぬ長い停滞期間でありました。
これから、少し心を入替えて更新に励みたいものですが、果たしてどうなるやら?

さて2度に亘る記録的な大雪に見舞われた今年の冬も、ようやく寒さが和らいで日中は春の陽気が続くようになった。
そんな中、連休中日の小春日和に、いつも訪れる小湊鉄道沿線へお出掛け。

菜の花畑と列車
まだ数は少ないけど、沿線にも菜の花が咲き始めた。
あと数週間もすると沿線一面が黄色の絨毯に覆われる。

菜の花畑と列車
菜の花の黄色と気動車のオレンジがよく似合う。

列車
沿線では3月21日から5月11日まで、小湊鉄道の列車やバスを活用したアート×ミックスというイベントを開催。
駅構内だけでなく、貸切列車では列車を舞台にした演劇も行って、さながら動く演劇場といった様子。

かかし
まぁ、これなんぞは所謂「案山子」と呼ばれるものです。
主な駅では、このような趣向を凝らした展示がされているようです。

カフェぴのきお
ところで、今回の訪問目的は、そんな事ではなくコチラのお店。
以前は、木工芸のお店で今月13日に店内をカフェに改修してリニューアルオープン。
基本的にはテイクアウトのお店ですが、店内にも幾つかテーブルや椅子が店内で頂くことも可能です。
店内には、これまでも販売してた木工芸品や縁側のベンチや木犀のハンガー掛け等、色々あります。
そして店内には、それらの木工芸に混じって小さなギャラリー風の写真展示もある。
ここに小湊鉄道沿線では養老渓谷に続いて、私の猫写真を展示してもらっております。
ここのオーナーはこれまでにも小さな仔猫を保護して里親を探したりしていて、大の猫好き。
猫の話しをすると盛り上げること間違いなし。
私も、行くたびに少し写真を持ち込んでいますので、機会あったら是非、足を延ばして立ち寄りしてみてください。

沿線の河津桜
河津桜の咲く沿線風景。

河津桜
少し山に入った場所では河津桜が満開。

河津桜

河津桜

さぁ、いよいよ今年も大人の桜旅の始まる季節かな。

2014.03.24 Mon l 風景 l コメント (6) トラックバック (0) l top
今日は穏やかな天気となり、昼間は暖かでした。
桜の開花は、まだ聞こえて来ないけど梅は殆ど終りと思いきや我が家の近所では今頃になって満開を迎えた梅の木も。

梅とメジロ
メジロも、まだこんなに蜜があるぞと喜んでいるよう。

梅と竹林
いつもの竹林。
ここの梅も満開だったが竹林を背景に撮れる場所は少ないのが残念。

梅にも負けず綺麗な花を咲かせていたのがロウバイ。
蝋梅

蝋梅

蝋梅

蝋梅
青空と黄色い花の彩りがとても綺麗でした。
2014.03.15 Sat l 花写真 l コメント (10) トラックバック (0) l top
やっと暖かくなって来たと思ったら、今日は強烈な雨と風。
さすがに電車が止まる事はないだろうと思いつつも、都心の交通機関は自然の猛威にはメチャクチャ弱いので、定時に帰宅。
それでも帰りの駅では、横殴りの雨。
少し時間を潰しつつ雨風が弱くなったところでダッシュで帰る。

さて、今回のお話は猫交遊録。
色々な場所へ猫散歩へ出掛けると全く猫に会わない日もあれば、思い掛けない出会いもあったり。
それは人間も一緒で、初めて訪れる場所などは地元の人に挨拶しつつ猫の話しをしてみたり。
そんな事をしながら歩いていると、猫に会いたい思いが通じたり。

キジシロ
最初に見掛けたのは、美形のキジシロの子。

キジトラ
キジシロの子の視線の先にはキジトラの仔猫。
まん丸で可愛い。

ハチワレ
こちらも仔猫みたいなハチワレの子が現れた。
実は、この子はとてもヤンチャでレンズ交換するのに開いたカメラバックの中に猫じゃらしを見つけたようで、バッグの上に乗って調べていた。

キジトラとキジシロ
いつの間にか、先程のキジシロとキジトラが寄り添って座っている。
親子かな?それとも兄弟?

ハチワレ
先ずは、ハチワレちゃんのリクエストにお応えして猫じゃらしで遊んでみた。
これが、なかなか評判で夢中になって遊んでいたが左肩を痛めている身には左手でじゃらしながら、右手で撮るのは中々厳しい。
結構な枚数を撮ったのだが、使える写真は殆どなし。

ハチワレ兄妹
それでもノリノリで遊んでいるから、こちらもカメラを置いて本格的にじゃらしてみる。
そうしたら横からハチワレちゃんが、もう1匹乱入。
こちらは鼻の頭も黒いし完全に仔猫だね。
慌ててカメラを拾って、再び両刀使い。(笑)

ハチワレ兄弟
少し、じゃらしを引っ掛けていたら最初のハチワレちゃんは一生懸命に遊んでいるが、乱入したハチワレちゃんは「もっとオモチャないの?」という顔して見上げている。

白黒ブチ
ハチワレ兄弟のご機嫌を取っていたら、もう1匹現れた。
これは何という柄になるのかな?

白黒ブチ
「あ~肩凝った!」と言う顔しながら目の前を横切って行く。

キジシロ
ハチワレ兄弟を遊ばせた後、立掛けて置いたオモチャの近くに、また違う猫が現れた。
さっきの子に似ているが、こちらは黒と焦げちゃが混じった縞模様。
この子だけは、少し警戒心が強くて近づく事は出来るのだけど撫でるまでには至らず。

白黒ブチ
気がつけば、さっき出て来た子がオモチャで遊んでいた。
これ幸いとカメラを拾い上げ撮っていたら、やがてオモチャを咥えて持って行きそうになったので大慌て。

ジャンプするキジシロ
何とか奪還して仕舞おうとしたら、最初のキジシロが猛ダッシュで猫じゃらしに飛びついた。
仕方ないから、この後はみんな交互にじゃらしで遊んで来ました。

そんな楽しい猫との交友を楽しんだ一日です。
2014.03.13 Thu l l コメント (10) トラックバック (0) l top
東日本大震災から3年。
思うところは色々あるけど、被災地では未だに多くの人達が避難生活を余技なくされているのも事実。
愛する人達やペットとも離れ、あの時から時間が止まった人達の時間が普通に実感できる時が来るのを願うばかり。

玉太郎
被災地に残された仲間達の事を思うと、ボクちんも心が痛むニャン。

被災地に残されたペット達を自らの危険を顧みず、保護活動にあたった方々には本当に頭の下がる思いです。
そして、被災地で復興作業にあたる方々。
改めて、その偉大な行動に敬意を表します。

尚、今回はコメント欄を閉じさせていただきました。
2014.03.11 Tue l トラックバック (0) l top
今日は東京の一部では小雪が舞う寒さだったとか?
この寒さは、まだ1週間位は続きそうで本格的な春にはまだ遠いのかな?
そう言えば、例年だと桜の開花予想で賑わう頃だけど、今年の寒さでは桜の話題もまだ少なそう?
桜の開花時期で週末の予定も変わるだけに、いつ頃から春の陽気になるのか気になるところ。

さて、本日の話はそんな桜とは全く関係なしの少し昔に私が出会った1匹の仔猫の物語。
それは、これから寒い冬を迎えようとしていた、ある晴れた日の出来事。
いつものように猫散歩を楽しんでいた私の視線に小さいな猫が飛び込んで来た。
それも、色こそ違えど何となく普段から見慣れている模様の猫である事はすぐに分った。

何でこんな場所にアメショーの仔猫がいるんだと思った私の頭に嫌な考えが過ぎる。
私の考えは当っていた。
近くにいた近所の人に聞いたところ、この子は数日前に捨てられたようなのだ。
正直、外で生れた子やミックスの子と違いアメショーの純血種は体も強くはない。
これから寒い冬を迎える時に、この子は生き延びていけるのだろうか?

そして私は猫達の世話をしている方の元に行き、この子の事を相談してみた。
結果、私がお姫様抱っこして連れて来て世話人さんの下ので保護をする事になった。
この子を保護した後、病院へ連れた行ったところ身体の中に腫瘍があり、あと1週間も遅れたら命がなかったと言う事実を聞いた時にはビックリするばかり。

2013PC234624.jpg

生れてから数ヶ月の間に生死を彷徨う旅をしていたとは思ってもみなかっただろうけど、その旅は終りを告げた。
今、この子は「タビコ」という名前を貰って里親さんも決まり優しい飼い主の元で幸せに暮らしている。
そんなタビコと私の一度だけの出逢いの物語でした。
2014.03.07 Fri l l コメント (12) トラックバック (0) l top
ついこの間、新年を迎えたと思っていたら早3月。
年度末のこの時期は仕事も忙しいけど、趣味の写真も梅や桜などの季節のイベントが目白押し。
昨日は、そんなイベントの中から湯河原の幕山公園で開催中の「梅の宴」に行って参りました。
天気予報では午後になると雨も上がるような感じでしたが、ここは午後になってからはかえって雨足が強まった感じ。
思い起こしてみれば、この場所には毎年訪れているけど晴れたのは1回位しか記憶にない。
もっとも、花撮りは雨の日の方が好きな自分としては、むしろ願ったりの天候であったのではあるが、冬場の雨は撮る方にはチト辛い。
午前中は山を登ったりと体力あるうちに上の方から撮って行き、この時は山道を登って行くこともあって暑い位だったが、雨に濡れ小休止入れた昼近くになると段々と寒さが凍みてきた。
売店でトン汁やら温かいものを仕込み、後半戦に臨むも雨は段々と激しさを増してきて足下の土で滑るようになって来たので、この日は14時頃に撤収。

湯河原梅林


湯河原梅林


湯河原梅林


湯河原梅林


湯河原梅林


雨

雨中の撮影でカメラもレンズもビッショリになっていた為、ブロアーで水滴を飛ばして後はバッグにしまい自然乾燥。
気温がかなり低かったので、家に帰るまではカメラはバッグから出さずに家に帰ってから写真を確認したら300枚ほど撮っていた。
最後の写真は梅も何も写ってないけど、木の枝に付いた水滴が雨の日の撮影ならでは好きかも。
尚、FC2では1枚の写真がアップできる容量は500KBまでの制限があるので写真はかなり圧縮してます。
そのため、小さな梅の花は潰れている部分がありますが、この点はご勘弁。
2014.03.03 Mon l 風景 l コメント (8) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。