今日辺りは、寒さも緩んで春の足音が近づいて来ているのかと思えるような陽気でした。
相変わらず左肩の痛みがとれず、そろそろ2度目の病院へ行かなきゃダメかと思いつつ今週、来週とバタバタの日々を送っております。

さて、今日紹介するのは、とても人懐こい茶白の子
毛繕いする茶白猫
今回は毛繕いの最中にお邪魔しました。
この子は、とても愛想が良くてベンチに座ると膝の上に乗って来るのです。
この日も、いつものように膝の上へ。
ただ、風がピューピュー強く吹いて猫を乗せた膝の上は暖かいけど、上半身は寒かった。

ひとしきりお膝での休憩を堪能した後は、恒例の猫じゃらし。
この子は中々に遊び好き。
じゃらしを取り出すと一目散に寄って来て足下待機。

猫じゃらしで遊ぶ猫
今回は一人散歩だったので、右手にカメラを持って左手で猫じゃらしを操る。
もう何度もやっている事なのでカメラと猫じゃらしの動きを分離して行っているのだが、時折どちらかが疎かになってします。

猫じゃらしで遊ぶ猫

猫じゃらしで遊ぶ猫
未だに猫じゃらし使いとしての修行は足らないが、当ニャンは喜んでくれたみたい。(笑)

猫じゃらしで遊ぶ猫
ちょっと弾け過ぎの感もあるが、まぁいいか?

今度、来る時にはもっと夢中になれるように練習してくるからね。

スポンサーサイト
2014.01.29 Wed l l コメント (6) トラックバック (0) l top
ほぼ毎週のように色々な場所へ猫散歩へ出掛けていると顔馴染みになった子や、個性的な子に出逢うことがある。
今日は、そんな猫達の中からここ1年以上も姿を見せなくなってしまった子の話。

昨日は以前、その子に出逢った場所へ行ってみた。
ここで猫達のお世話をしているのらんさんとは以前から顔見知りだったのですが、昨日お会いした時にふとマスクの事を思い出して聞いてみたら、もう1年以上も姿を見せていないと言う。
その夜、のらんさんのブログ「ぼへ猫通信」で、そんなマスクの事が紹介されていた。

マスクは、その名の通り黒いマスクを被ったような三毛さんで第一印象はとにかく格好いい子でした。
普段は大きな木の上とかに居たりするので見逃してしまう事が多い。
いつものように猫がいるかと行ってみたのだか、誰もいない為近くにあるベンチで少し休んでいたら木の上の方でガサガサと音がするので、見てみるとマスクが下りて来た。
その前にも何度か逢った事はあるのですが、木の上から下りて来たのを見たのはこれが初めて。
それからは、ここに来ると木の下からマスクがいないか眺めるのが習慣になっていました。

マスクが今どこで、どのようにしているのかは誰も分らないけど、毎日立ち寄る公園の子も姿を見掛けなくなって1年以上経った日に、ヒョッコリ姿を現すこともあります。
きっと、何処かで元気に木に登っていると信じていたいですね。

三毛猫マスク
私がマスクと最後に会ったのは2012年2月24日の午後。

三毛猫マスク

三毛猫マスク

三毛猫マスク
今度は、何処かもっと大きな木の上に登っているかも知れないね。
また、思い出したら戻って来るんだよ。
2014.01.27 Mon l l コメント (14) トラックバック (0) l top
ほぼ毎月訪れる小湊鉄道の養老渓谷駅。
昨年、ここの待合室に飾ってあった駅猫の写真が、だいぶ古くなって来たので壁掃除を兼ねて入れ替える際に私の写真を貼ってもらっていたのですが、肝心の写真を撮るのをいつも忘れて来る始末。
今年、最初の訪問でやっと撮って来ました。

養老渓谷駅
こんな風に待合室の天井近くの壁に貼ってあるのです。

ゆうた
寒い日だったので駅猫「ゆうた」は駅長席で駅長代理のお仕事中。

ねね
一時、元気のなかった「ねね」は、今は元気にホームで異常がないかパトロール中。

ねね
時折、お客さんサービスで一緒に遊んでくれたり。

ねね
仕事忘れて夢中になったり。

ゆうた
そして、ゆうたも遊びだす。
いつもオットリしている「ゆうた」は遊ぶイメージなかったけど、結構食いつきがいいんです。

ゆうた
やがて一息ついてお水飲み。
瓶で飲むところが豪快。

もう1匹、一番の愛想良しの「なおき」ですが、昨年から体調を崩して入院中。
一時は容態が悪化して心配しておりましたが、この日聞いたところでは峠は越えて回復してきたようです。
また、駅で逢える日も近いのかな。
2014.01.25 Sat l l コメント (12) トラックバック (0) l top
昨年来、左肩の痛みが続いており病院で診察してもらったら、加齢による肩の筋肉が硬化している事で原因と診断された。
先生曰く4か月もすれば治るでしょうと言われるものの、あまり改善の兆しもなくカメラとか重いものを持つ時に右肩に負担が掛ってばかりで少々困った状態です。
まぁ、撮影そのものには今のところ支障がないのですが、最近は重い一眼レフよりもミラーレスを持ち出す機会が多いような?
そこで、今回はそんなミラーレスで撮った湘南の宝石「ウィンターチューリップ」

ウィンターチューリップ

ウィンターチューリップ

ウィンターチューリップ

ウィンターチューリップ

ウィンターチューリップ

ウィンターチューリップ

ここ江ノ島サムエル・コッキング園のアイスチューリップとイルミネーションは2月2日迄です。
お時間があれば季節外れのチューリップとイルミネーションの見学はいかがですか。
2014.01.23 Thu l 花写真 l コメント (8) トラックバック (0) l top
今日は大寒。
暦では一番寒い日ですが、風が強かった昨日の方が寒かったかも?

さて、今日の妙なタイトルを見てピンと来た人は相当、頭が柔軟に活動している人かもね。(笑)
当然ですが英語じゃないですよ。
ネタばらしをするとローマ字で読んで下さい。
なんて読めましたか?
そう「跳べ跳べ天まで跳べ」なんです。
ということで、今回はジャンプ写真のご紹介。

猫のジャンプ

猫のジャンプ

猫のジャンプ

猫のジャンプ

猫のジャンプ

猫のジャンプ

猫のジャンプ

猫のジャンプ

猫のジャンプ

猫のジャンプ

だいぶピントが甘いのですが、跳びながらカメラ目線していたりと面白いので載せちゃいます。
これだけ運動すれば、ゴハンはさぞや美味しいだろうと想像しちゃいます。(笑)
2014.01.20 Mon l l コメント (18) トラックバック (0) l top
年が明けて既に半月。
未だに身体の方は仕事に適応しないのに仕事の方は例年以上に忙しい。
ブログの更新も間隔が空く一方で、撮った猫写真は溜まる一方。
これじゃぁいけんと少しずつですが更新していきたいと思います。

今回は、踊るように立ち上がっている猫のシーンを集めてみました。

踊る猫
ちょっと古いズームレンズなので逆光には弱くてフレアーが大量に出たけど、これは仕方なし。(^-^;

踊る猫
「お~い!こっち」と手を振っているようです。

踊る猫
ステップ踏んだ後ろ姿。

踊る猫
手をだら~んとしながら上を見上げる子。

踊る猫
何だかバンザイをしているような格好になりましたね。

まだ、昨年の写真が続きますがご勘弁を!(笑)

2014.01.17 Fri l l コメント (14) トラックバック (0) l top
先週の商事始めから体が慣れぬうちに過ぎた1週間。
3連休を挟んでの2週目は仕事がゴチャゴチャ。
帰宅してPCを開く気力もなく、気がつけば更新も滞り。
ノー残業デーの本日は寄り道もせずに帰宅して、すずくん&なっちゃんにゴハンをあげて一息ついての更新といきますか。

本日紹介するのは成人の日に行って来た江の島にあるサムエル・コッキング苑のアイスチューリップ。
本当だったら、人も少ない朝から行くはずだったのだが用事があって現地入りしたのは昼頃になった。
寒い時期だから空いているかと思いきや、お祭りもやっていて多くの人で賑わっていた。
先にお昼を済ませてから展望台のあるサムエル・コッキング庭園へ向かうと、それまで出ていた青空が雲に覆われ太陽も姿を消してしまった。
湘南の宝石箱と呼ばれるアイスチューリップなので、逆光でキラキラ感を出そうとしたが曇り空ではそれも無理。
それでも曇り空だと、どのアングルから狙っても同じ色合いになるので色の重なりとかを意識しながら撮り始め。

湘南アイスチューリップ

湘南アイスチューリップ

湘南アイスチューリップ

湘南アイスチューリップ

湘南アイスチューリップ

湘南アイスチューリップ

湘南アイスチューリップ

湘南アイスチューリップ

湘南アイスチューリップ

湘南アイスチューリップ

湘南アイスチューリップ
最後にちょっとだけ陽射しが射し込んで来ました。

撮った写真を改めて見てみるとワンパターンだなぁ。
まだ開いていない花もあったりで、しばらくは楽しめそうなので、天気次第では今週末にリベンジと行くかな。
2014.01.15 Wed l 花写真 l コメント (10) トラックバック (0) l top
光を求めて走る雪の丘
うっすらと東の空が明るくなる頃に三脚立ててカメラをセット。

美瑛の丘
焦りながらも心を落ち着つかせシャッターを切る。
残念ながらお日様が顔を出すには至らなかったけど感動的な景色でした。

美瑛の丘
雪は降り続け、白樺林も銀世界。

美瑛の丘
丘にポツンと立つ1本の木の背景に太陽が顔を見せた。
数枚で太陽は厚い雲に覆われてしまったけど、一瞬見せてくれた神々しい風景でした。

さて、そろそろ猫業務に戻ろうかな?(笑)
2014.01.10 Fri l 風景 l コメント (10) トラックバック (0) l top
長い休み明けの今週も、やっと中間地点の折り返し。
気分的には、もう1週間仕事していた疲労ぶり。
やはり社会復帰のリハビリは、もう少し必要か?(笑)

さて、今回も北海道旅行からの写真。
何しろ冬の北海道なので、撮った写真も当然ながら雪景色一辺倒。
それでも二度と同じ景色はないのだから、あるがままにカメラに収めてみた。

美馬牛小学校
丘の上にチョコンと美馬牛小学校の三角屋根が見える。
風が吹いて吹雪きが舞いながら色の消えた景色が新鮮に思え、車を止めてカメラを構えた。

静寂の丘
雲に隠れた太陽が薄っすらと覗く丘。
吹雪で遠景は少し霞んで見える。

静寂の丘
吹雪舞う中に凛と佇む哲学の木。
大雪の中、何かを考えているのだろうか?

静寂の丘
白樺の木が並んで立っていた。

静寂の丘
美瑛では有名なクリスマスツリーの木。
撮っていると太陽が厚い雲間から薄っすらと輝いた。
丘の稜線も見えなくなる雪の中。
静寂が支配している雪の世界でした。
2014.01.08 Wed l 風景 l コメント (10) トラックバック (0) l top
大雪に見舞われた正月の北海道。
吹雪が去った後には静寂の白い世界。
そんな白い世界の中にも一際赤く色彩を放っていたのが「ナナカマド」

ナナカマド

ナナカマド

ナナカマド

1枚目と3枚目の写真は、雪の中に跪いて撮りました。
完全防寒装備だったので雪の中に座り込んでも殆ど寒さを感じない。
厳しい冬景色を撮るには人間側のテンションが下がらないように万全の姿勢で臨むことが大切ですね。
それでもカメラやレンズは、普段と同じように防寒ケース類に入れることなく使っていたので冷え冷え&ビッチョリ。
でもトラブルなしに動いてくれました。カタログに書いてあった防塵・防滴も案外信頼できるものです。
2014.01.06 Mon l 風景 l コメント (16) トラックバック (0) l top
毎年、初日の出なんて意識せず、撮影に行くこともなかったのですが今年は大自然の中で迎えるお正月。
こんな機会はないので雪の止んだ早朝に車を走らせ丘の上に。
ところが空は厚い雲に覆われたままで、日の出は拝めそうにない。
それでも空が薄っすらと輝き始めたのでカメラを三脚にセットしているウチに厚い雲間から陽射しが射し込んだ。

ケンとメリーの木
実際は水平線から上がった後の太陽ですが、私にとっては今年の元旦に初めて見た日の出。
因みに写真の大きなポプラは昔のCMで使われた「ケンとメリーの木」です。

さて、北海道シリーズまだ少し続きます。
2014.01.05 Sun l 風景 l コメント (8) トラックバック (0) l top
あけましておめでとうございます。
ご挨拶がすっかり遅くなりましたが、本年も宜しくお願いします。

雪吹雪
今年の正月は雪でのスタートとなりました。
猛吹雪で視界も霞んできた事に加えて、ホワイトバランスを太陽光にしていたので不思議な青い色合いになりました。
意図したわけではありませんが、捉えた色をそのままに掲載してみました。
華やかな色はありませんが、自然に立ち向かう凛とした雰囲気を感じて頂けたら嬉しいです。
2014.01.03 Fri l 風景 l コメント (18) トラックバック (0) l top