今回紹介するのは小湊鉄道の養老渓谷駅で働く駅猫「なおき」くん。
列車が到着するとお客さんのお迎えと出発はお見送りと、毎日駅猫業務をこなしております。

なおき

さて、人間の駅長さんから「なおき始め駅猫がお待ちしているから、みんなで遊びに来てね」というメッセージを預かりました。
機会ありましたら是非、なおき君を始めとした駅猫達に会いに行ってあげてください。

今回も簡単な更新ですみませんでした。
スポンサーサイト
2013.08.30 Fri l l コメント (12) トラックバック (0) l top
前記事では私の肘の具合を心配いただきありがとうございます。
相変わらず治療をサボっているせいか痛みは取れませんが、以前だとペットボトルのキャップを回すのも痛くて辛かったのが、最近は痛みは残るものの普通に回すことができるようになりました。
それでも、一旦楽をしちゃうと戻れないのが人の常。
最近は、休日の通勤散歩も一眼レフを持ち出す事は少なくて、コンデジ1個をバックに入れてのお出掛け。
今やスマホに押されてすっかり影を潜めたコンデジだけど、露出補正や撮影モードとかではスマホより一日の長あり。

茶白猫達
先ずは住宅街を散歩中に見かけた茶白猫2匹。
後ろの子は「何か変なのが来たぞ!」という目で見ているかも。

寝そべる黒ちゃん
近くで寝そべる黒ニャンコ。
黒猫は露出が難しい。
まぁ、コンデジではあまり設定も深く考えないけどね。
実は、コンデジの説明書は殆ど読んでいないのであまり詳しい事は知らずにシャッター押しているだけです。

白黒ブチ
壁際を向いて寝そべっていたところを呼んでみたら振り向きざま立ち上がり、こちらへやって来た。
取敢えず撫でてあげたら、すぐに反転して帰ってしまった。
一体なんだったんだろう?(^-^;

猫の集会
場所を移動したら猫が3匹でマッタリしていた。

白茶と黒猫
「あれっ?」この茶白は最初に会った子か?

白茶猫
「やっぱりそうだ!」
実は、この辺りは人間はグルッと回らなきゃならないけど、猫は専用のショートカットの道を持っている。

白茶猫

さて、コンデジで撮っていて感じた良い点は
・被写界深度が深いのでピントが多少アバウトでも何となく合っているように見える点。
・撮ってすぐにプリントを前提にしているせいか、それなりの色合いに収まる感じ
・そして何よりも軽くてガサばらない。

一方、弱点としては
・動きモノは偶然頼みの要素が強い。
・背景をボカして浮かび上がるような写真は撮りづらい。(3枚目の写真のように背景が単純な場所を選べば可)

まぁ、得手不得手はあってもいつも持ち歩けるのはいいね。
しばらくは、こんな写真が続きます。(笑)
2013.08.27 Tue l l コメント (14) トラックバック (0) l top
猫散歩の帰り道。
ふと思いたって寄ってみたいつもの場所。
夕方で他の猫の姿もちらほらと見える中、黒マスクのニャッキーが池の中を眺めている。
肉眼では少し暗くなっていたので確認できなかったのですが、浮かぶ鳥とにらめっこでもしているのかと、取敢えず撮ってみたら、ガラスの容器みたい。
しばらく「ニャンだろう?」と見ていましたが、写真を撮る私に気づいてこちらにやって来ましたよ。

ニャッキー


北海道旅行へ行く前から何となく感じていた右腕の痛み。
病院で診てもらったら肘の外側の筋が炎症を起していて、回復までに1ヶ月位かかるみたいでした。
とりあえず湿布薬と痛み止めの薬を処方してもらいました。
元々の原因は重いモノを肘を曲げたままの無理な姿勢で持っていた事が原因ですが、毎日PC等を使っている人も同じ症状を発症し易いとの事。
結局、仕事で朝から夕方までPCを操作している私には、なかなか回復しないまま。

と言い訳が長くなりましたが、家でも長時間PCをすることが出来ない為、当分はブログも軽い更新にさせていただきます。
2013.08.23 Fri l l コメント (14) トラックバック (0) l top
いつものお願いですが里親さん募集の件で、新たにチラシを作成しましたので掲載させていただきます。

里親募集チラシ

神奈川県及びその近県の方で、子猫達や母里親になっていただける方がおりましたら、ご連絡をお願いします。


また、千葉県でも子猫を保護しております。
以下をご覧いただき、子猫を引き取りたいと言う方がおられましたら、ご連絡をお待ちしております。
連絡方法は当ブログの中断右側にありますフォーム欄もしくはコメント欄の非公開コメントにチェックを入れていただければ、後日ご連絡をさせていただきます。

引続き仔里親さんを探しています。詳しくは以下をご覧下さい。
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-148.html
2013.08.18 Sun l l コメント (6) トラックバック (1) l top
毎週末には何処かしらへ猫散歩へ出掛けており、中には変った柄の子に出会う事もあります。
今回紹介するのは、多分私が初めて出会うタイプの子です。

オッドアイの三毛猫
最初は白猫が車の下にいると思いしゃがみ込んで覗いてみたのです。(かなり怪しい)
この時は光が強くてハッキリとは肉眼で確認できなかったのですが、写真を見るとオッドアイでした。

オッドアイの三毛猫
でも、アップで見ると目の上辺りに少し模様が・・・。

オッドアイの三毛猫
そして、ちょっと体をひねったら背中にも模様が。

オッドアイの三毛猫
更によく見てみれば黒と茶が混ざっている。
これって変則ではあるけれど三毛だよね。
白猫とかグレーの単色の子でオッドアイの子を見た事はあるけど、三毛猫は初めてだ。

今度は車の下から出て来て欲しいなぁ。

引続き仔猫の里親さんを探しています。詳しくは以下をご覧下さい。
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-148.html
2013.08.16 Fri l l コメント (10) トラックバック (0) l top
今週末はとんでもない暑さでしたね。
今日、東京では38度を記録したとか?
昨日、今日と猫パトに出掛けた私ですが、さすがにこの暑さには堪らず今日はいつもより早い時間に引揚げました。
夜になっても、あまり気温が下がらないので皆様も熱中症にはお気をつけ下さい。

さて、今回紹介するのは7月の写真。
とりあえず7月の写真は、これで最後だと思いますが何しろブログのペースが遅いもので。(笑)

遊ぶ仔猫
で、今回の主役は遊ぶの大好きな仔猫達。

遊ぶ仔猫
例によってネズミのついたオモチャを振れば闘志満々。

遊ぶ仔猫
2本立ちしたり。

遊ぶ仔猫
叫んでみたり。

遊ぶ仔猫
三毛の子も参戦。
こちらはちょっと大きくなった子。

おもちゃで遊ぶ仔猫
そしてまた仔猫達

おもちゃで遊ぶ仔猫

おもちゃで遊ぶ仔猫
遊びとなれば兄弟でもお構いなし。
「あれはボクのだからね!」とばかりに押しのける。

おもちゃで遊ぶ仔猫

おもちゃで遊ぶ仔猫
手が届かない場所でも必死。

サビちゃんも参戦
そしてサビちゃんも参戦。

一生懸命遊んだ後は、もう一つのお仕事。
寝る子は育つ。

一休みする仔猫達

一休みする仔猫達
このサビちゃん、大人っぽい表情をしたり可愛い仔猫の表情だったりと、なかなかミステリアスでアイドル性に富んだお嬢様。

一休みする仔猫達
こちらは既にグッスリ。

一休みする仔猫達
オモチャの取り合いも忘れて今は仲良く夢の中。


引続き仔猫の里親さんを探しています。詳しくは以下をご覧下さい。
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-148.html
2013.08.11 Sun l l コメント (11) トラックバック (0) l top
猛暑が戻って通勤散歩が辛くなってきたpunkumaです。
夏の通勤散歩では公園の中を通りながら此処に自販機があればなぁと思ってしまいます。

さて、今回紹介するのは北海道から戻ってから行く予定だった房総方面の沿線猫の紹介。
北海道から戻って週末に行く予定にしていたのですが、以前も報告の通り体の具合が悪くなって一旦延期。
そして、少し回復の兆しが見えた翌週に出掛けた時の写真です。

ボスくん
いつもの駅で見かけたボス君。
数ヶ月前に会った時は、コロコロしていたのに今はだいぶ痩せてしまってました。

ボス君
ベンチに座ると隣にやって来てウトウト。

ボス君
少し撫でていたら、いきなり大欠伸。

ボス君
あとは、そのまま寝入ってしまいました。
また、今月行くから元気にしているんだよ。

なおき
ちょっと気になるボス君に別れを告げて、次にやって来たのはいつもの駅猫のいるところ。
一番の愛想良し「なおき」が迎えてくれた。

ゆうた
おっとり者の「ゆうた」は陽射しを避けてお休み中。

列車
列車が入って来た。

なおき
さぁ、なおきがお客さんをお迎えの準備。

なおき
一仕事終えた後は、そのままお休み。

ちび
近くの椅子では最近ここに現れるようになった三毛の子が寝ていた。
それにしても気持ち良さそう。

ちび
この子はチビちゃんと呼ばれていたが、お乳の張り具合からお母さん猫だと思われます。

線路
せっかくなので沿線風景も撮ってみました。
ここから電車を待って撮ろうかとも思ったのですが、ホーム内の白線の内側とはいえ狭い場所なので他のお客さんや列車の運転手にも迷惑だろうと、あえて路線風景だけ。
因みに手前のオレンジ色は花のボケです。

気動車
グッと引いて列車を入れるとこんな感じ。

水飲みゆうた
一方、ホームではユウタが水を飲んでいた。

変な格好のなおき
なおきは何がしたいのだか?ヘッピリ腰?

蝉の抜け殻
ホームの柵には蝉の抜け殻。
今週は夏本番かな?

引続き仔猫の里親さんを探しています。詳しくは以下をご覧下さい。
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-148.html
2013.08.07 Wed l l コメント (10) トラックバック (0) l top
今回は、久しぶりに我が家の猫達。

名前を呼んで振り返ったところを収めてみました。

先ずは、なっちゃん。
なつき
ソファーの後ろでひっくり返っていたところを呼んでみたら「何よ!」という顔して振り向いた。
何しろカメラ嫌いなので撮りにくい子なんです。

なつき
ストーカー中のお嬢様。
家にいる時は、ほぼこんな様子。
油断しているとトイレの中にも入って来る。(笑)

続いて、すずのすけ。
すずのすけ
こいつは名前呼んでも気分でないと無視。
今回は機嫌が良かったか?
それにしても、背中の模様が妙に黒の割合が多い。

すずのすけ
何だか本当にアメショーなのか?
とてもシルバータビーには見えないぞ。(笑)


引続き仔猫の里親さんを探しています。詳しくは以下をご覧下さい。
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-148.html
2013.08.06 Tue l l コメント (14) トラックバック (0) l top
8月のカレンダーを見ながら祝日がなくて落胆しているpunkumaです。
会社の夏休みは7日間を6月から10月の間で自由に取れるのですが、すでに北海道で4日を消化してしてしまったから大事に使わなきゃ。

さて、前回の続きです。
チビッ子達には怪獣扱いされてしまったので、別の場所へと移動しようとした所・・・。

仔猫
「あっ、怪獣がまだいた!」
最初に見かけた子が別の場所へ移動してました。

仔猫
「でも、オマエ大人しそうな怪獣だね」
だから、怪獣じゃないって。(^-^)
でも、この子は少し慣れてきたようで近づいても、すぐに逃げるような素振りはしなくなりました。

仔猫
「怪獣と追いかけっこしたり、いっぱい遊んだから疲れちゃった。」
その場で、コロンと横になると寝てしまったようです。お腹が上下に動いて気持ち良さそうにお休みしちゃいましたね。

仔猫
そこへ現れたのが先程の仔猫。
「あっ、いなくなったと思ったらこっちに来てた。」

仔猫
「これは兄弟のピンチ!早く起こして逃げなきゃ」

仔猫
「わわっ、こっちに来るぞ」

仔猫
「わ~近づいて来た!」

仔猫
「おい!起きろよ。怪獣が近づいて来ているんだぞ。」
「ムニャムニャ、あの怪獣は大人しいから大丈夫だよ。」

仔猫
「そんな事言ったって・・・。わ~こんな側に来た」

仔猫
「本当に大丈夫かなぁ~。でも大冒険したら眠くなってきちゃったニャ」
「う~ん、怪獣が来るよぉ~・・・・ムニャムニャ、スピー」
あれれっ、寝ちゃったよ。お互いの体温と柔らかさで気持ちよいのだろうね。
でも、君は一人で逃げずに本当に兄弟思い勇気ある猫ちゃんだよ。

仔猫
気持ち良さそうに寝ているのを邪魔しちゃ悪いから、この後は一旦別の場所へ移動。
帰りのバスの時間まで少しあったので仔猫達の様子を見に行ったら最初のチビッ子がいた。
バイバイと手を振ると「怪獣、お家に帰るのか?」と見上げていた。

仔猫
手を振りながら、また会おうねと告げると大きな口を開けて大あくび。
まだ、目覚めたばかりなんだね。

仔猫
「怪獣、またね!」

仔猫
あれれ、オマエもいたの?
「オマエ本当に大人しい怪獣だったんだね。今度は遊んであげるからな」と言ったかどうかは定かでない。(笑)
今度は目ヤニを拭いてあげるから、少し信用してよ。(^-^)

さて、ここ2週間ばかり猫散歩をサボっていたので、そろそろ再開。
今度は、どんな猫に出会えるかな?

引続き仔猫の里親さんを探しています。詳しくは以下をご覧下さい。
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-148.html
2013.08.03 Sat l l コメント (12) トラックバック (0) l top
気がつけば早8月。
これが子供時代だったら夏休みがどんどん過ぎて行くと思うのだろうが、社会人となった今では早く過ごし易い季節になってくれと願うばかり。
さて、今回はだいぶ前の港の仔猫達からの続き。

お母さん猫
なかなか美形の猫ちゃん。
実はこれから登場する仔猫達のお母さん。

仔猫
その先で、こちらを見つめる仔猫。
キジトラ白の柄だね。

仔猫
近づいてみたら「何ニャ?」と中へ隠れようとしちゃいました。

仔猫
「オマエ悪い怪獣か?」そんな目で見られちゃいました。

仔猫
これ以上近づくと逃げちゃいそうだから座り込んで様子を見ていたら下の方に隠れてロープ遊び。
ここだったら入って来れないと知っているんだね。
カメラを地面に置いて、人間も頭を地面に付けて覗き込んでいる姿は傍目に見ても相当怪しい。(笑)

仔猫
そうこうすると、もう1匹現れた。
目ヤニで思うように目が開かないのか痛々しい表情だが元気いっぱい。
触る事ができれば取ってあげたいのだが、何しろ怪獣なもんで。(笑)

仔猫
やれやれと思いながらも驚かせてはいけないので一旦、離れて様子を見てみる。
「行ったみたいだな?」と中からヒョッコリ顔を出して様子を眺めている。

仔猫
「ふ~、ビックリしたニャ」

仔猫
「まだいるニャ~」
オイオイそんな目で見ないでおくれ。(^-^;

仔猫
「まぁ、あまり凶暴な怪獣じゃないみないだな」
だから、怪獣じゃないって。

仔猫
「早くどっか行ってくれないかな?」

仔猫
「あ~ドキドキのスリルを味わった後は疲れたニャ~」

次回、怪獣伝説から兄弟愛へ。

引続き仔猫の里親さんを探しています。詳しくは以下をご覧下さい。
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-148.html
2013.08.01 Thu l l コメント (6) トラックバック (0) l top