いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
以前より仔猫里親になってくれる方を探しておりましたが、新たに別の場所でも保護した仔猫里親探しを頼まれました。
この子達は千葉県で保護されており千葉県内に在住の方、或いは東京都、神奈川県等の近県の方か千葉県まで迎えに来れる方で仔猫をお家に迎えてくれる方を探しております。

仔猫

仔猫

仔猫

仔猫

仔猫

ハチワレ、黒猫、キジ白の3匹です。
みんな男の子で元気いっぱいですよ。

尚、譲渡にあたっては保護主さんと面談のうえ、家族として終生面倒をみてくださる事、不妊手術をしてくださる事、室内飼いをしてくださる事を守れる方とさせていただきます。
以上の条件をご承諾いただき、この子達を家族に迎えてみたいと言う方は当ブログの右側にあるフォームに氏名、メールアドレス、連絡の取れる電話番号をご記入のうえ送信して下さい。
追って当方よりメールにてご返信させていただきます。


また、引続き横浜の仔猫の里親も募集しております。
先ずは会ってみたい方も是非、ご連絡下さい。
保護主さんの下には小さな三毛猫母さんもおります。
とても美人の子なので会ってみて下さいね。

里親待ってます

里親募集

どうぞ、小さな命を救うために皆様の優しいお力をお貸し下さい。
スポンサーサイト
2013.07.29 Mon l l コメント (6) トラックバック (4) l top
この記事を書いている今。外では雷がゴロゴロ鳴って時折、激しい雷鳴が聞こえてきます。
1時間ほど前に突然振り出した雨も、今は殆ど止んでいるようです。
昼間は湿度が高くサウナの中を歩いているような蒸し暑さでしたが、先ほどの雨で外は少し涼しくなってきました。
この調子だと今夜は快眠ができるかな?

さて、外は相変わらず雷鳴轟いておりますので万一の落雷ではPCのデータが心配な為、コンセントを抜いてバッテリーのみで記事を書いているため手短に前回の写真の続きから。

向日葵畑と入道雲
向日葵畑の向こう側に広がる青空と入道雲のように巨大な雲。

収穫を待つ赤麦
マイルドセブンの丘を更に行ったところから眺める赤麦畑。

じゃがいもの花
じゃがいもの花が一面に咲く大地。
ここは地元の人に教えていただいた場所です。

収穫を待つ赤麦
ここにも赤麦畑が収穫を待っていました。

続く道

花咲く丘
ぜるぶの丘の花々。
ラベンダーを中心に色々な花が咲き乱れてました。

青い池
ご存知「青い池」ですが、今年はゴミとが浮いてあまり綺麗ではありませんでした。

哲学の木
前回も紹介した哲学の木。
これを撮っている途中から雨が降り始めたのです。

千代田ファーム
私の好きな千代田ファーム。
今年も此処で美瑛牛のステーキを食べようと思ったのですが、あいにくと団体が入っていて1時間待ちと言われ諦めて退却。

ヤギ
千代田ファームには、色々な小動物がいます。

子馬
ここの馬達はみんな人懐こかったのですが、普通の人はちょっと怖いのか腰が引けてました。(笑)

うさぎ
ウサギも暑さでダレているようですね。

うさぎ

白髭の滝
今年、初めて行ってみた白髭の滝。
青い川の色と相まって涼しそう。

ブルーリバー
ブルーリバーの美瑛川。
これから青い池の方へと流れています。

空
前回の光芒直前の様子をワイドレンズで撮ってみました。
右端に見えるのが日本一美しい夕陽が沈む丘と言われる新栄の丘です。
でも、この雲では無理でしたね。

さて、次回からは本来の猫シリーズに戻る予定です。

最後にいつものお願いですが。
引続き、仔猫の里親募集をしております。詳しくは以下をご参照↓
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-145.html
2013.07.27 Sat l 風景 l コメント (14) トラックバック (0) l top
少し更新の間隔が空いてしまいました。
先週、夏休みを取って北海道旅行へ行って来たのですが元気だったのは旅立った初日のみ。
背中に痛みが走り、左肩や腹部の張り息苦しさ等、次々に痛みの部位が体を移動してたまらずダウン。
旅行から帰るその足で病院へ直行し一通りの検査を受けた次第です。
また、旅行前から痛みのあった右腕も、最初の頃は只の筋違いだろうとタカをくくっていたのですが一向に痛みがひかず、こちらは近日中に整形外科に行ってみようと思います。

肝心の身体の方は症状が移動していたり特定できず、今週いっぱい様子をみて場合によっては精密検査も考えようということになりました。
取敢えず今週は残業も控えて、少し早めに就寝して様子を見ております。

さて、本年はそんな状態でしたが撮った中から少しご紹介。

夜明け前
夜明け前の哲学の木。
昨年はここで劇的な夕焼けにであった場所です。
その時の記事はこちら↓
http://punkuma.at.webry.info/201207/article_17.html
最近は無断で畑に入るマナー知らずなカメラマンが多く、土地の所有者の方も頭を悩まされているようです。
消毒をしないで畑に入ると靴底に着いた細菌類で農作物に被害が出るので、撮るマナーには細心の注意を払って欲しいですね。

ラベンダー
今年は遅いと思われていたラベンダーも、先週は割りと見頃を迎えていたようです。

ラベンダーの絨毯
今年は、例年以上に観光客が多かった気がします。
ここも多くの人で賑わっていたのですが、カメラアングルを低く下げて人が写りこまないようにして撮ってみました。後ろの花畑がアクセントですかね。(^-^)

彩の畑
定番のアングルですがワイドレンズで手前の花に接近して撮影。
ここからだと人が入らないのがよいかも。

四季彩の丘
美瑛にある四季彩りの丘。
雨がポツリと降り始めましたが後ろの丘の一部に陽が差し込んだのをアクセントに手前は一面花で人隠し。

緑の丘
こちらはクリスマスツリーの木。
カメラを構える前にキタキツネが遠くを走り去って行きました。
撮りたかったけど一瞬の出来事で間に合わず。

夫婦の木
この木は今まで気がつかなかったのですが白樺が根元から2本に分れて伸びている姿が珍しいです。

連峰遥か
丘から臨む山々。まだ薄っすらと雪がありますね。

光差す
とにかく天気がコロコロ変る場所で、夕方近くになると黒い雨雲が出てきたと思ったら雲間から光芒が差し込んだりと変化に富んでます。

落日
今回、唯一捉える事のできた夕景。
地元の人に教えてもらった穴場的な場所で、何と私一人でこの光景を独占してました。

まだ右腕の具合が悪く、キーボードも短時間しか打てない為コメント返信やご訪問が滞っております。
少しゆっくりペースになるかも知れませんが、また改めてご訪問させていただきますので、どうぞ宜しくお願いします。

引続き、仔猫の里親募集をしております。詳しくは以下をご参照↓
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-145.html
2013.07.24 Wed l 風景 l コメント (12) トラックバック (0) l top
再び当ブログをご覧の皆様へ里親募集のお知らせとお願いです。

縁あって知り合ったお店の方が仔猫2匹を保護して下さり、仔猫達の里親を募集しております。
取り急ぎ、その内の1匹の写真を載せますので、この子達を幸せにしてくれる方を探しています。
神奈川県近郊で、家族として終生面倒をみてくださる事、不妊手術をしてくださる事、室内飼いをしてくださる事を守れる方で、里親になってくださるという方は以下のコメント欄に氏名・メールアドレス・連絡先を記入のうえ非公開欄にチェックを入れて送信して下さい。
尚、個人情報保護の観点から必ず非公開欄にチェックを入れて下さい。
追ってメールにてご返信させていただきます。

里親待ってます

前回、掲載した子の兄弟です。
こちらの子は前回の子よりも若干身体つきが大きいですが同じ年ですよ。
まだ前回の子も募集しておりますので、里親さんになっていただけると言う方がおりましたらお願いします。
2匹共に全身真っ黒のハンサムな男の子ですよ。
あわせて仔猫の母親も同時に保護しており、母猫の里親も募集しております。
こちらは写真が用意出来次第、公開する予定ですが母猫は三毛猫でとても美人な子です。

また、勝手を言って申し訳ございませんが、実際の譲渡にあたっては保護主さんと面談のうえ決めさせていただきます。

最後にこの記事を、ご自身のブログ等で紹介いただけれる方がおりましたらご協力をお願いします。
2013.07.15 Mon l l コメント (4) トラックバック (2) l top
思いもかけず沢山の仔猫に出会えて幸せ気分の私。
それでも強い日差しが照りつけてくると猫達も思い思いの場所で陽射しを避け始めた。
そんな中、若い猫が現れた。

港の猫
ちょっとほっそり系の子だけど前回紹介した子狸柄の子に似ているようでもある。
もしかすると姉妹なのかな?
この子は比較的、慣れているようで足下にも寄って来てくれた。

三毛の仔猫
そんな様子を眺めている子がいる。
仔猫の三毛猫だ。
「三毛ちゃん」と呼んでみたらシッポをピンと上げた。

三毛の仔猫
こちらに興味ありそうだったので、少し近づいてみたら後ろに隠れてしまった。
でも、興味津々の目をしているね。

三毛の仔猫
その後は着かず離れずで私が他の子を撮っている姿を見ていたりしていた。

三毛と茶トラ
三毛と茶トラは仲が良いみたいだ。
と言うよりも兄弟か?

130630P6300780.jpg
最初に紹介した子は、私の目の前で毛繕い。
この子はだいぶ慣れているね。

茶トラの仔猫
この子は最初、ボートの上にいた子だろうか?
何しろ、茶トラの数が多い。

茶トラ
あちこちにいるので、どの子がどの子だか?

茶トラ
この子は、ウトウトとお休みしてしまった。

茶トラ
上の方にもいるね。

茶トラ
さっきボートの下にいた子かな?

三毛
ボートの中にいた三毛ちゃん。
写真撮っている時は最初に会った三毛ちゃんと思っていたけど、よく写真を見比べてみれば別の子だね。

茶トラ
あれれっ、この子も違う子かな?

茶トラ
ニャン法分身の術に掛かったようです。(笑)

三毛
三毛ちゃん、バイバイ。

茶白
茶白兄弟、今度は外で撮らせてね。

仔猫シリーズまだ続きます。
もう少しお付き合いをお願いします。


引続き、仔猫の里親募集をしております。詳しくは以下をご参照↓
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
2013.07.12 Fri l l コメント (6) トラックバック (0) l top
前回からの続きで「ねこ丸号」の廻りをウロウロしてみたら、小さい狸発見?

狸みたいな柄の猫
「なんにゃ?」

狸みたいな柄の猫
ちょっと近づいてみましょう。

狸みたいな柄の猫
あっ、やっぱり狸だ!

狸みたいな柄の猫
狸じゃないわい。猫だもん!

狸みたいな柄の猫
だから、猫だってば。この大きな耳を見れば猫だってわかるでしょ!

狸みたいな柄の猫
う~ん、それにしても変った柄だ。
この子は近づくと逃げようとするけど、その場で呼んでみると尻尾をピンと上げて近づいてきたり。
結構、人懐こい子かも知れないね。

お母さん猫
この子がお母さんみたい。

黒白の仔猫
周りには他にも仔猫がウロウロ。
この子は私の姿を見掛けると近くの建物の下に隠れてしまった。
奥に見えるのは父ちゃん猫だね。

仔猫たち
他にも小さな子が隠れている。

仔猫たち
黒白の子は奥に引っ込んでしまったけど手前の茶白の子は、何だか興味津々の目つきで見ていました。

まだまだ続く仔猫軍団。
次回も楽しみにして下さい。


引続き、仔猫の里親募集をしております。詳しくは以下をご参照↓
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
2013.07.11 Thu l l コメント (12) トラックバック (0) l top
とある港で見かけた光景。
猫が船の上で寛いでおりました。

ねこ丸
私がカメラを向けた時は右腕を垂らしていて、まるで「オレの船だぜ!」と言っているようでした。
因みに船名は私がレタッチで書いたコラージュですよ。(笑)

茶トラの仔猫
仔猫達もボートの上でお休み中。
シャッター音に気づいて1匹目覚めた。

茶トラの仔猫
「ニャンだ?」という風に見ている。

茶トラの仔猫
そのうちの1匹は、陽射しが強くなってきたので屋根のある場所へ移動。

茶トラの仔猫

茶トラの仔猫

茶トラの仔猫
もう1匹は毛繕いついでに大欠伸。

父ちゃん猫
漁から帰った父ちゃんニャンコは、ひと時の休息の時間のようでした。

まだまだ、仔猫達が登場しますよ。
続きは、また次回。

引続き、仔猫の里親募集をしております。詳しくは以下をご参照↓
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
2013.07.10 Wed l l コメント (10) トラックバック (0) l top
七夕の昨日、猛暑の中を蓮の花を撮りに埼玉県行田市にある「古代蓮の里」へ向かった。
本来であれば、もう少し早く出掛けるものをカメラのバッテリー切れやら準備不足で、普段とは違うミラーレスカメラを持って出掛けることに。
朝5時半頃に家を出て現地に着いたのは7時半過ぎ。
蓮はすっかり開いているし正面の駐車場は満車状態だったのですが、これまでに何度か行って北側の蓮池近くの駐車場が比較的空いていることを知っていたので、迷わずそちらに向かうとやはり空いていて無事に車を止めることができました。

肝心の蓮園は昨年よりもだいぶ開花が早いようで、既に花が散ってしまった後が結構残ってましたよ。
それでも蓮池を埋め尽くす蓮の群れは圧巻。
何しろ42種類12万株の蓮があり時期をずらしながら8月上旬までは楽しめるようです。

古代蓮の里

古代蓮の里

古代蓮の里

古代蓮の里

古代蓮の里

古代蓮の里

古代蓮の里

古代蓮の里

古代蓮の里

古代蓮の里

古代蓮の里

古代蓮の里

いつも思うのだが、蓮はその美しい色に騙されて構図がワンパターンになりがち。
今回は、その最たるもので撮っている時は真剣に撮っているのだが家に帰ってPCで見てみれば、「あれっ?去年の写真」などと思うばかり。
何となく苦手意識を持つ被写体になりそうな予感。

引続き、仔猫の里親募集をしております。詳しくは以下をご参照↓
http://punkuma0913.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
2013.07.08 Mon l l コメント (8) トラックバック (0) l top
当ブログをご覧の皆様へ里親募集のお知らせです。

縁あって知り合ったお店の方が仔猫2匹を保護して下さり、仔猫達の里親を募集しております。
取り急ぎ、その内の1匹の写真を載せますので、この子達を幸せにしてくれる方を探しています。
神奈川県近郊で、家族として終生面倒をみてくださる事、不妊手術をしてくださる事、室内飼いをしてくださる事を守れる方で、里親になってくださるという方は以下のコメント欄に氏名・メールアドレス・連絡先を記入のうえ非公開欄にチェックを入れて送信して下さい。
尚、個人情報保護の観点から必ず非公開欄にチェックを入れて下さい。
追ってメールにてご返信させていただきます。

里親募集
写真は1匹しか撮れませんでしたが、現在は2匹共室内で保護しております。
2匹共に全身真っ黒のハンサムな男の子ですよ。
あわせて仔猫の母親も同時に保護しており、母猫の里親も募集しております。
こちらは写真が用意出来次第、公開する予定ですが母猫は三毛猫でとても美人な子です。

また、勝手を言って申し訳ございませんが、実際の譲渡にあたっては保護主さんと面談のうえ決めさせていただきます。

最後にこの記事を、ご自身のブログ等で紹介いただけれる方がおりましたらご協力をお願いします。
2013.07.06 Sat l l コメント (14) トラックバック (3) l top
今日は湿度が高くてムシムシの一日でした。
そんな鬱陶しい日を吹き飛ばすように癒しの仔猫の写真を用意しました。
仔猫の愛くるしい表情もさることながら、同じ視線で寝そべりながら撮っている私の姿も想像すると面白いかも知れません。(笑)

仔猫
上空を飛ぶ鳥が気になる様子。

仔猫
もっと気になるカメラのレンズ。
仔猫には大きな目玉に見えただろうね。

仔猫
「オマエ悪いヤツか?」

仔猫
「隠れよう」と窪みに潜って隠れたつもり。

仔猫
カメラを縦位置に構えたら「わっ、見つかったか?」と身を乗り出した。

仔猫
そして車の下へ避難。

仔猫
そこにはお母さん達の姿も。
側に寄って一安心という顔してますね。

仔猫
「あ~ドキドキした。」
仔猫にはすごい冒険だっただろうね。

この後、仔猫達を世話している人と話をしながら近づいたら一気に距離が縮んで手を伸ばせば届く距離まで寄って来るようになりました。
次に会う時は、お母さんのように大きくなっているかな。
2013.07.05 Fri l l コメント (6) トラックバック (0) l top
夏が近づくと休日の猫散歩も昼間はあまり成果なし。
これからは朝と夕方が猫達の活動時間になるのかな?

島猫
町中をぶらぶら歩いていたら路地の向こう側に猫の通りすぎる姿を見掛けたので、後を追ってみたら2匹いた。
2匹仲良く歩いているところを呼んでみたら振り向いた。
よく見れば右側の子のシッポの付け根にはハートマーク。
シッポの先まで見ると、ゾウさんみたい。(^-^)

島猫
一旦、植込みに身を隠しヒョイと出てくる。
こういう所は猫ならでは。

島猫
「あっ、まだ着いてくる」
一斉に睨まれてしまった。

島猫
それにしても本当に仲がいいね。

島猫
みんなで撮っていたら。
「何だよ、みんなが撮るから有名な子だと思われちゃったじゃないか?」と奥の方へと行ってしまった。

島猫
場所を移動して港の方へとやって来た。
キジ白が目の前の横切った。
奥の方では2匹がゴハンの時間みたい。

島猫
おっ、久しぶりに白黒ブチ。

島猫
このムギワラ柄の子は、ビクビクしてて姿を見れば逃げ出しちゃう子でした。

島猫
これまた、久しぶりにマイケル3兄弟の末弟。
3兄弟でこの末弟だけは人を警戒するんですよね。
この後、次男も姿を現したけど嬉しくて写真撮るのを忘れてしまった。
次男は私のブログにも度々登場して「お手」もする頭の良い子なんです。
長男はどこに行ったのかな?
次に来る時には長男にも会いたいなぁ。

島猫
黒ちゃん登場。
ツンデレが激しいけど、この日はツンのようでした。

親子猫
猫の親子もいた。
子供がお母さんにくっついてます。

親子猫
子供は、もう1匹いました。
まだ警戒心が強くて近づけそうにないので、このまま退散。
邪魔してゴメンね。
2013.07.02 Tue l l コメント (13) トラックバック (0) l top