関東の桜も、すでに散り始めで週末の花見が気になるところです。
天気予報では、日曜日は雨模様みたいでこれが最後の桜になるのかな?

桜と列車
10日ほど前に訪れた房総方面では、まだ桜の花が数輪開花しただけだったのになぁ~。

屋根の上の猫
ふと、猫の鳴き声が聞こえたので周囲を見回してみると近くの空家と思われる家の屋根に猫がいた。

下りて来た猫
呼んでみたら下りて来たのだが、人懐こいと言う訳でもなく側に来るけど手を伸ばすと後ずさりする。
こちらに興味はあるけれど近づきすぎるのは怖いんだろうね。

寛ぐ兄弟?
さて、少し周囲を歩いてみると此処にも猫がいた。
まだお休み中だったけど、ハチワレが私に気がついたみたい。

寛ぐ兄弟?
このハチワレは、昨年訪れた時に2本立ちしていた子だ。
あの頃は、本当に好奇心旺盛のチビッ子だったのが、今や大きくなったなぁ~。
もう1匹は兄弟かな?

父ちゃん猫登場
そんな事をしていたら、父ニャン登場!

ロシアンブルーもどき
ロシアンブルーのような子もやって来た。
ただ、ロシアンブルーにしては顔がデカイ!
この子は、他の子と違って外から遊びに来るせいか他の子とは少し距離を置いていることが多いのです。

キジ白
さっきまでハチワレと一緒に寝ていたキジ白もやって来た。
この子は、とてもフレンドリーで呼べばやって来る。
最初に出会った時にはもっと小さな子供がいたようだが、ここ何回かは姿を見かけず里子にもらわれて言った子がそうだったのかな?

黒猫の仔猫
どこから現れたのか仔猫の黒猫がやって来た。

父ニャンとご挨拶
そして、お父ニャンとご挨拶。
今回もお母さんの姿を見掛けることは出来なかったが、昨年来た時にお母さんのお腹が大きいと聞いていたので、この子が生まれた子なのかな?

みんな集合
さぁ、みんな集合。

ロシアンブルーのような柄
ロシアンブルーのような子も、いつの間にか側に寄って来た。
撫でてみたら柔らかな触り心地。
それでも他の子とは相性が悪いのか、猫達が来るとすぐに立ち去ってしまいました。

この後、例によって猫じゃらしを取り出し猫達と遊ぼうと試みるのですが、そこで思わぬゲストが登場してくれることになりました。
その話は、また次回にお届けします。
スポンサーサイト
2013.03.29 Fri l l コメント (14) トラックバック (0) l top
桜が一斉に満開の時期を迎えたら急に花冷えと同時に天気が悪くなってきたような?

先週辺りはポカポカ陽気の日もあって、いつもの公園ニャンコ達も日差したっぷりな時間を過ごしていたのですが。

大きな木の根元ですやすや
木の根元でグッスリお休みの茶トラ。

朝日を浴びて毛繕い
首輪をした茶トラは水辺で毛繕い。

朝日を浴びて毛繕い

満足した様子。

白黒猫も満足
白黒猫も日差しを浴びてウトウトしていたところをシャッター音で目を覚ましてしまった。
ちょっと悪い事したね。

水を飲むカラス
カラスも喉が渇いたみたいだね。

水を飲むカラス

草むらで寝る茶トラ
自分の腕枕で寝るメタボ茶トラ

黒猫の頭に葉っぱの影
ウトウトしている黒猫の頭に葉っぱの影。

腕枕

サバトラ銀
サバトラに見つかった。
コヤツは私の姿を見掛けると「にゃぁ~、にゃぁ~」鳴きながら寄って来る。

サバトラ銀
散々、足下にスリスリした後はゴロン。
何しろ毛がよく抜ける子なのでスーツのズボンは毛だらけ。

サバトラ銀
スリスリは勘弁して欲しいけど、甘えてこられるとやっぱり嬉しいね。
2013.03.28 Thu l l コメント (4) トラックバック (0) l top
今年は冬の寒さと雪で桜の開花もてっきり遅いと思いきや、観測史上2番目の早さとかで神奈川、東京の一部の地区では既に満開を迎えてしまいました。
てっきり遅く予想しておりましたが、皆様のブログにも桜写真が登場し始めて日曜日は焦りながら近場で桜撮り。

山手公園の桜

ガス塔
週末は青空に恵まれなかったのですが、あえて曇り空を入れてソフト効果をプラス。

教会の桜

八重紅枝垂

桜と聖母

八重紅枝垂

近所の桜

教会の枝垂桜

山手公園の桜

桜とガス塔

猫と桜

みずきと桜

サム君と桜

猫達も桜の下で思い思いのリラックスタイムを楽しんでおりました。

今年は事情あって桜撮りには行けないかも?
2013.03.26 Tue l l コメント (6) トラックバック (0) l top
以前勤めていた会社が倒産して今の会社に転職したのが約5年前。
健康にも不安を抱え、少しでも身体に良い事をと始めた通勤散歩。
その中で公園を通る度に「猫が多くいるね」と思いつつ、目に止まったのが「たまこちゃん」という三毛猫。
他所で出遭った子もそうでしたが、三毛猫って慎重であまり人には懐かないというイメージがあったのですが、この子は少し違ってました。
初めて会った時には、逃げる様子がないので傍に寄って行っていき撫でようとしたらサッと逃げてしまった。
「やっぱり無理かな?」とその場を離れて歩き始めながら、たまこちゃんの様子を見ているとキョロキョロと何かを探している様子。
ちょうど私の姿が木の陰に隠れていたせいか、その場で立ち尽くし眺めていると、こちらの姿に気がついたのか今度は、たまこちゃんから寄って来た。
私がその場で座り込むと、たまこちゃんも横でチョコンと座り込んだので恐る恐る手を伸ばしてみると今度は自分から頭を手のひらに押し付けてくれました。

そのたまこちゃんも今年に入ってから全く姿を見掛けなくなり、日々思い当たる場所を探しながらの通勤でしたが、たまこちゃんに会う事は出来ませんでした。
そんな中、近くでエサをあげている方々に遭遇。
たまこちゃんの事を尋ねたところ「連れて行かれた」と聞き、このところの嫌な予感が胸をよぎったのですが、よくよく聞いてみれば、里親さんにもらわれていったのだとか。
里親になった方は以前から、たまこちゃんが気に入って公園管理の方やボランティアの人にも許可を得て3ヶ月程前に連れて帰ったそうです。
時折、写真も送られてくるそうで幸せな家猫生活を送っているようですよ。

花を愛でる
私が花の写真とかを撮っていると、いつの間にか隣に座っていたりしたっけ。
お花越しに撮った1枚は、お気に入りの1枚です。

爪とぎ

落ち葉とたまこちゃん

正面から見るたまこちゃん
いつも、オットリしているたまこちゃん。
暖かいお家で幸せな猫生を送ってね。
2013.03.22 Fri l l コメント (18) トラックバック (0) l top
何だか春の陽気を通り越して初夏の暑さになって来た感がしないでもないですが、ここ数年遅れ気味だった桜の開花が例年以上に早くなって少々戸惑い気味の私です。

さて、前回の続きですが、黒白猫から取り上げた毛糸玉で遊んでいたハチワレですが、一緒にやってきた茶白に奪われる羽目に。
やがて飽きた茶白が選んだ次なる遊びは、いつものハチワレとのけんかごっこ。
とにかく、この2匹は仲は良いんだろうけど近くにいると必ず始まる。

茶白とハチワレの取っ組み合い
蹴りでも食らえ!

茶白とハチワレの取っ組み合い
何を!ポカスカ

茶白とハチワレの取っ組み合い
コンニャロ、コンニャロ

茶白とハチワレの取っ組み合い
コレでも食らえ!

茶白とハチワレの取っ組み合い
あ~痛てぇ~じゃないか!

三毛は高みの見物
その頃、三毛は高みの見物?
ではなくて、カラスを追い駆け木の上に登ってしまった。

ちょっかい出して追いかける茶白
それを見ていた茶白は、よせばいいのに三毛を追って木の上に。
突然、現れた茶白にビックリした三毛は一目散に木の下へ。

降りる三毛
争い事に巻き込まれたら敵わないとばかりにスタコラ。
この三毛ちゃん、猫とは思えぬ程降りるのがうまかった。

残された茶白
残された茶白は降りるのが苦手な様子。
「あ~、勢いで登って来たけどオレどうしよう?」

いつものお願いですが、心に留めて下さい。
<緊急事態>
昨年来、地域で可愛がられている猫が突然いなくなると言う事態が発生しております。
特にここ数ヶ月で信じられない程、多くの猫がいなくなりました。
その被害は、地域で可愛がられ人特定の方々に世話尾をされている子だけでなく、首輪をした飼い猫までが連れ去られております。
私の知る湘南地区だけでなく東京、横浜でも発生しているので外で飼っている方はもちろんの事、地域でお世話をなさっているボランティアの方々もご注意下さい。
また、当ブログをご覧の皆様にお願いです。
これ以上、被害を拡大させない為にも皆様のブログでも同様の呼び掛けをしていただけると幸甚です。
2013.03.20 Wed l l コメント (13) トラックバック (0) l top
私が猫散歩へ行く時に持参するものは、猫じゃらしとブラッシング用のブラシ。
今回も、そんなアイテムを持参しての猫散歩。

振り向く三毛猫
先ずは三毛ちゃんと遭遇。
今回の散歩は標準ズーム1本しか持っておらず、少し距離が遠かった。
あと1歩近づきたかったけど、警戒している様子だったのでバイバイと手を振って立ち去る。
こういう子だと猫じゃらしを出しても逃げてしまうんだよね。

道で転がる茶トラ
近くの駐車場では、茶トラというよりアカトラがゴロンとひっくり返っていた。
こういう子は大抵愛想良い。
では、ちょっと遊ぶかなとバッグの中をゴソゴソとすると早速、興味を持ったようだ。

眺めるアカトラ
「んっ、何だ?」と興味深げに眺めていたので、今回は猫じゃらしではなく毛玉ボールを転がしてみた。

毛玉ボールで遊ぶハチワレ
そこへ駆け込んで来た黒白が、毛玉ボールと格闘。

毛玉ボールで遊ぶハチワレ
毛玉なので手にくっついたりと不思議みたい。

そして、そんな様子を見ていたギャラリーが続々と集まってきた。

やって来たキジトラ白

サビネコも来た

アカトラも観察

眺める三毛猫

木の葉を追うハチワレ
だんだんと増えるギャラリーの外では、風に飛ばされた枯葉を追い掛けるハチワレの姿があった。
枯葉に逃げられて、ふと見れば毛玉ボールで遊ぶ黒白が目に映り。

毛玉ボールで遊ぶハチワレ
あっと言う間に強奪。遊び始めた。

毛玉ボールで遊ぶハチワレ
夢中になって遊んでいたら、側にはいつも喧嘩仲間の茶白がいた。

茶白が参入
今度は、茶白がボールを奪って一人遊び。

茶白の毛玉ボール遊び
さて、夢中で遊ぶ茶白ですが、この後一波乱があります。
それは、また次回にご紹介しますね。

いつものお願いですが、心に留めて下さい。
<緊急事態>
昨年来、地域で可愛がられている猫が突然いなくなると言う事態が発生しております。
特にここ数ヶ月で信じられない程、多くの猫がいなくなりました。
その被害は、地域で可愛がられ人特定の方々に世話尾をされている子だけでなく、首輪をした飼い猫までが連れ去られております。
私の知る湘南地区だけでなく東京、横浜でも発生しているので外で飼っている方はもちろんの事、地域でお世話をなさっているボランティアの方々もご注意下さい。
また、当ブログをご覧の皆様にお願いです。
これ以上、被害を拡大させない為にも皆様のブログでも同様の呼び掛けをしていただけると幸甚です。
2013.03.19 Tue l l コメント (6) トラックバック (0) l top
このところ日毎に寒暖の差が激しく。身体の調整能力がついていけない感じです。

いつもの通勤散歩コースでも、つい1週間前は梅が咲いていたのに今は寒桜が見頃を迎えている。

梅

梅
さぁ、梅もいよいよ見頃だぞと思っていたら、いつの間にか早咲きの寒桜系が見頃になってしまった。

大寒桜

大寒桜

大寒桜

大寒桜
ソメイヨシノよりも花が大きく、赤みが強いのが特徴です。

みこちゃん。
普段は凶暴な、みこちゃんも花見は楽しみな季節だね。

ちなみに近所の梅の花。↓
紅白の梅競演
紅白が競演しているようです。

いつものお願いですが、心に留めて下さい。
<緊急事態>
昨年来、地域で可愛がられている猫が突然いなくなると言う事態が発生しております。
特にここ数ヶ月で信じられない程、多くの猫がいなくなりました。
その被害は、地域で可愛がられ人特定の方々に世話尾をされている子だけでなく、首輪をした飼い猫までが連れ去られております。
私の知る湘南地区だけでなく東京、横浜でも発生しているので外で飼っている方はもちろんの事、地域でお世話をなさっているボランティアの方々もご注意下さい。
また、当ブログをご覧の皆様にお願いです。
これ以上、被害を拡大させない為にも皆様のブログでも同様の呼び掛けをしていただけると幸甚です。
2013.03.18 Mon l 風景 l コメント (10) トラックバック (0) l top
シリーズ最終回は、タイトル通り勢揃いです。
猫溜まりから、エサをあげているおじさんに教えてもらった場所までの間にも沢山の猫達に出会うことが出来ました。
肝心の教えてもらった場所に着く事は着いたのですが、猫パトに行かなければならない時間になったので、ザッとしか見ることが出来ませんでした。
今度は、ゆっくり来ようと思います。

見つめる猫達
さっきまで原っぱにいた猫達のうちの3匹。
ここで三毛猫の顔確認。

オネエ系三毛
何と!目の廻りにアイシャドーたっぷりのオネエ系?
そう言えば、熱海にはヤンママと呼ばれた猫がいたな。(笑)

猫の鼻キッス
三毛を他所に茶トラと茶白は鼻キッス。

茶白猫
茶白猫がこの集団の中では、一番威張っている風でした。

また別のキジトラが
少し歩けば、また別のキジトラ。
キジトラというよりもクラッシックタビーのようなアメショー柄?

サバトラ白
近くにはサバトラとキジトラの中間のような色が混じった子がいた。

芝生で寛ぐ黒猫
更に、歩いて行くと地面でゴロンゴロンと転がっている黒猫がいた。
写真撮らせてもらったら「ニャンだ?」という顔されてしまった。

笑う猫
今度は呼び止められたので、周りをみてみると先ほどのキジ白と似たような柄の子が鳴いていた。
この子は、割合フレンドリーでほどなく撫でることができた。

屋根の上からこんにちは!
上からも猫の声が聞こえるので見上げると屋根の上から覗き込む顔。

バットマン
さらにハチワレちゃん。
鼻のすぐ上から黒模様が始まってバットマンみたいだね。

また違うハチワレ
違うハチワレもいる。
こちらは、まだ小さい子のようだ。

こちらはお鼻がピンク
お鼻がピンクのハチワレ君。
ここには何匹ハチワレがいるんだ?

最初に会ったハチワレ
このバットマン風のハチワレが一番愛想良しでした。

目ヤニで片目が開かず
この子は、目ヤニで片目が開いておりませんでした。
拭いてあげたいのですが、近づくと逃げてしまいます。
元気でいるといいなぁ~。
それにしても、ハチワレがこれだけ集中している場所も珍しいなぁ~。
体格がそれぞれ違うので兄弟とかではないみたいだけど、血縁はあるのかも?

舌が出ているキジトラ
教えてもらった場所へ到着すると早速、舌を出しっぱなしのブラウンタビー風の子がいた。

寝ている茶白
植込みの中では茶白が気持ち良さそうに寝ている。

寝ている三毛猫
同じように三毛も寝ていた。
気持ち良さそうに寝ているので、あえて望遠でシャッター音で目を覚まさないように撮った。

サバ白
途中でお散歩中のキジトラ白と遭遇。
ここは時間もないので、すぐにスルー。

この場所は、ザッと回っただけでもかなりの数の子が日差しを浴びながら寝ている様子を見かけました。
これは夕方辺りになると、相当な数がいそうだね。
かくして今回の猫散歩。
正味2時間強歩いて出会った猫の数は30匹を優に超えていました。

そんな事情で、今回は枚数が多くなってしまいましたがお許しを。
次回からは、また違った場所での猫散歩をお届けする予定です。

いつものお願いですが、心に留めて下さい。
<緊急事態>
昨年来、地域で可愛がられている猫が突然いなくなると言う事態が発生しております。
特にここ数ヶ月で信じられない程、多くの猫がいなくなりました。
その被害は、地域で可愛がられ人特定の方々に世話尾をされている子だけでなく、首輪をした飼い猫までが連れ去られております。
私の知る湘南地区だけでなく東京、横浜でも発生しているので外で飼っている方はもちろんの事、地域でお世話をなさっているボランティアの方々もご注意下さい。
また、当ブログをご覧の皆様にお願いです。
これ以上、被害を拡大させない為にも皆様のブログでも同様の呼び掛けをしていただけると幸甚です。
2013.03.15 Fri l l コメント (6) トラックバック (0) l top
思いもかけず多くの子と出会った今回の猫散歩。
ゴハンの時間も終わって、思い思いに寛いでいた猫達もやがて解散するように散り散りになった所で、私も猫散歩の再開。
今度は、さほど歩かないうちから猫のたまり場を発見。

猫溜まり
路地の突き当たりでは数匹の猫が寛いでいた。
私の姿を見てすぐに逃げちゃった子を含めると、ここには8匹くらいの子が固まっていた。

寛ぐ三毛猫
ちょっと目つきの悪い三毛。

ムギワラ
ムギワラ柄のキジトラ

ムギワラ

茶白
茶白も日差しを受けて気持ち良さそう。

サビネコ
ちょっと大人びた顔のサビ猫。

三毛
先ほどの三毛。
模様が綺麗に分かれていて結構、美猫かも?

屋根の上の猫
屋根の上のサビ猫。

茶白
近くの工事現場で遭遇した茶白。
ここのエリアは茶白と三毛が多いかも。

三毛猫
下の方にいた三毛猫。
何だかヘッドフォンを被っているような模様だね。

追いかけて来た三毛
気がつけば塀の向こう側で寛いでいた三毛ちゃんが追いかけてきた。
何か興味ひくようなモノを持っていたか?

キジトラ
さっきのエリアで出会った子とは別のキジトラ。
ノンビリ道路で毛繕い。
ちなみにここは車が入れないから、猫達も安心だね。

顔の大きなキジトラ
顔の大きなキジトラもやって来た。
駆けて来るのを正面から撮った写真もあったのですが、残念ながらピンボケ。
それにしても、顔デカだったなぁ。

本当に沢山の子に出会った今回の猫散歩。
次回はいよいよ最終回です。

いつものお願いですが、心に留めて下さい。
<緊急事態>
昨年来、地域で可愛がられている猫が突然いなくなると言う事態が発生しております。
特にここ数ヶ月で信じられない程、多くの猫がいなくなりました。
その被害は、地域で可愛がられ人特定の方々に世話尾をされている子だけでなく、首輪をした飼い猫までが連れ去られております。
私の知る湘南地区だけでなく東京、横浜でも発生しているので外で飼っている方はもちろんの事、地域でお世話をなさっているボランティアの方々もご注意下さい。
また、当ブログをご覧の皆様にお願いです。
これ以上、被害を拡大させない為にも皆様のブログでも同様の呼び掛けをしていただけると幸甚です。
2013.03.14 Thu l l コメント (5) トラックバック (0) l top
昨日の記事からの続きです。

お日様浴びて毛繕い
食後はお日様浴びて毛繕い。
猫って、こういうところは人間以上にマメだなぁ~。

あ~食べた
グレー白は、すでに満足の様子。
後は、どこで寝るかを考えているのかな?

まだ食べたりない
茶トラは、まだまだ食べたりないのか「もっと出て来ないかな?」とこの場所に踏みとどまっていた。

出遅れたキジトラ
「出遅れたぁ~」とばかりに小走りにやって来たキジトラ。
しかし、その体格は出遅れたと言うよりもすでに何処かでもらってきた後では?

食後の身嗜み
こちらは早くから待っていたので、今は食後の身嗜み中のムギワラちゃん。

どっしり構えたキジトラ
どっしり構えたキジトラ。
この後、しっかりゴハンをもらってました。

ゴハンの後は、思い思いの場所で寛いだり毛繕いしたり。

グレー白

見上げる洋猫

茶トラ

サビ猫

茶トラ

茶トラ

サビ猫

ホワイトタビー

サビ猫

茶トラ、キジトラ、サビちゃん、みんな近くまで来て様子を見て行くのですが、撫でさせてくれたのは最初の白茶と茶トラの子。
それでも、小さい子が多いせいか猫じゃらしのオモチャにはみんな一斉に反応しましたよ。
ここまでで5分の2位です。
まだまだ続きますよ。

いつものお願いですが、心に留めて下さい。
<緊急事態>
昨年来、地域で可愛がられている猫が突然いなくなると言う事態が発生しております。
特にここ数ヶ月で信じられない程、多くの猫がいなくなりました。
その被害は、地域で可愛がられ人特定の方々に世話尾をされている子だけでなく、首輪をした飼い猫までが連れ去られております。
私の知る湘南地区だけでなく東京、横浜でも発生しているので外で飼っている方はもちろんの事、地域でお世話をなさっているボランティアの方々もご注意下さい。
また、当ブログをご覧の皆様にお願いです。
これ以上、被害を拡大させない為にも皆様のブログでも同様の呼び掛けをしていただけると幸甚です。
2013.03.12 Tue l l コメント (8) トラックバック (0) l top
昨日は、すごい風と砂埃でした。
おまけに花粉も大量に飛散していたようで花粉症の方には、たまらない一日だったでしょうね。
私は幸いな事に花粉の許容タンクに充分余裕があるみたいで、まったく感じないのですが周りの方を見ていると辛そうだと思います。

さて、今回は今まで歩いて事のない場所へ猫散歩へ行ってきました。
初めての場所は景色も楽しみですが、猫に出会えるかどうかも一つの楽しみ。
普段行く場所であっても相手は気まぐれな猫だけに会えるとは限らないのですが、初めての場所ともなればなおさら。
どの辺りにいるかなと言う勘と、猫が出てくるタイミングの運がものを言うのです。
当然ながら1匹も出会えないということだって考えられますが、結論から言うと今回はラッキーデーでした。

茶白の子が1匹いた。
駅を降りて歩くこと10分ほどで最初に出会った茶白の子。呼んだらやって来てベンチの端でマーキング。

最初に会った茶白猫
ベンチの下で、こちらをチラチラ。
この子はとてもフレンドリーな子で、この後は私の元へ一直線。

ベンチの下でカイカイ
ベンチの下でカイカイしてました。

チョコンと座るグレー白
茶白の子との出会いを合図に、次々と猫達がワラワラ集まって来た。
サバトラとも違うグレー白の子。
近くまで来て、チョコンと座って様子を眺めていた。

ゴージャスな毛皮の子
この子は洋猫の血筋をひいているね。
写真では、分りにくいけどブルーの瞳が印象的。

ベンチの上のムギワラ
ベンチの上には茶と黒のムギワラ柄の子が座って、こちらを見ている。

ムギワラ
ベンチから降りたムギワラ

茶トラ、茶白、サバトラ、ムギワラ
エサやりのおじさんがやって来るとサバ白、茶白、茶トラ、ムギワラと入り乱れてやって来た。

茶白の横顔
ゴハンの順番を待つ茶白。
ピンクのお鼻が可愛いね。

ゴージャスな子
さきほどの洋猫風の子。
外ではあまり見かけない顔だね。
実は同じような子が、もう1匹いました。

似たような2匹
ちょっと見た感じでは分りにくかったけど、後から来た子の方が少し太っちょさんでした。(笑)

次回以降も、まだまだ沢山の猫が登場しますよ。


いつものお願いですが、心に留めて下さい。
<緊急事態>
昨年来、地域で可愛がられている猫が突然いなくなると言う事態が発生しております。
特にここ数ヶ月で信じられない程、多くの猫がいなくなりました。
その被害は、地域で可愛がられ人特定の方々に世話尾をされている子だけでなく、首輪をした飼い猫までが連れ去られております。
私の知る湘南地区だけでなく東京、横浜でも発生しているので外で飼っている方はもちろんの事、地域でお世話をなさっているボランティアの方々もご注意下さい。
また、当ブログをご覧の皆様にお願いです。
これ以上、被害を拡大させない為にも皆様のブログでも同様の呼び掛けをしていただけると幸甚です。
2013.03.11 Mon l l コメント (8) トラックバック (0) l top
これまでの拙ブログ上で呼掛けをさせていただいておりましたが、改めて記事としてご連絡させていただきます。

ハチベエもさらわれた!

昨年来、地域で可愛がられている猫が突然いなくなると言う異常事態が発生しております。
特にここ数ヶ月で本当に数多くの猫が姿を消してしまい、人に慣れている子は勿論の事、首輪をした飼い猫までがいなくなってしまいました。
多くの子は、人間によって捨てられ厳しい環境で生きていかねばならなかったのが、地域の方々やボランティアの人達に可愛がられ、一旦は裏切られた人間を信じるようになって暮らしてきたのです。

そんな子達が勝手にエリアを移動したとは到底考えられず、明らかに人為的に連れ去られたと思われます。
私の知る湘南地区だけでなく東京、横浜でも多く発生しているとの噂を耳にします。
愛猫を外飼いしている方はもちろんの事、地域でお世話をなさっているボランティアの方々も、いつも来ている猫がいなくなっていないかご注意下さい。

また、当ブログをご覧の皆様にお願いです。
これ以上、被害を拡大させない為にも皆様のブログでも同様の呼び掛けをしていただけると幸甚です。
2013.03.08 Fri l l コメント (16) トラックバック (0) l top
初めて訪れる海辺の公園。
駅を降りれば界下には海がキラキラ。

下はすぐに海
少し寒いけど、天気は良いし猫にも会えそうな予感。

白黒猫
しばらく歩るくと程なくして公園があり、遠目に白黒の猫が見えた。
近づくと、この子がチョコンと座っていた。

キジトラ
すぐそばには、陽射しを避けるように植木に隠れたキジトラさん。
なかなか立派な体格で「にゃぁ~にゃぁ~」話掛けられた。

ベンチの下のキジトラ
その後はベンチの方へと移動。
端にチョコンと写っているのは、エサやりおじさんの自転車。
毎日、ここで猫達にゴハンをあげているのだとか?
残念ながら近くまで寄る事は出来るのですが撫でるまでには至らずにスタスタと逃げてしまいます。
さっきから話掛けていたのは「こっちへ来るな!」だったのかな。

130224P2241722.jpg
その一方で、私の周りをウロウロしていて撫でると足下でゴロンとしちゃった白猫。
最初に出ていたハチワレ風の子と一緒にくっついていたので親子かな?

遊ぶ白猫
こちらの子は、とても甘えん坊で足下にじゃれたり抱え込んだり。
そして目の前でゴロン。

遊ぶ白猫
ストレッチまで始めてしまった。
ならば期待に応えてあげなきゃいけないかと、バッグからおもちゃを取り出すと俄然、興味はおもちゃに向いちゃいました。

遊ぶ白猫
まだ、仔猫みたいだからと思っていたけどノリノリで飛びついていましたよ。

遊ぶ白猫
抱え込んで大騒ぎ。楽しそうだね。
「これっ!もらったよ。」と抱え込んじゃった。

遊ぶ白猫
私の方は、そんな仕草をカメラに収めていたら「動かないよ」と抗議の目?

おもちゃと格闘
ちょっと写真撮るのに神経が集中して、おもちゃが疎かになってしまった。
しからばと今度は上下運動。
猫パンチしたり、飛び掛ったりと満足した様子でした。
ちなみに手前の黒い部分は座り込んで、おもちゃを動かしている私です。(笑)

さて公園で猫と遊んだ後は、少し小高い山の方へと向いました。

キジトラ1
坂道の途中で見掛けたキジトラ。
日差しを浴びて気持ち良さそうに寝ています。

キジトラ2
こちらの子は木影で少し日差しを避けるようにお休みでした。

キジトラ3
ここには、3匹のキジトラがいたのですが、その中でも一際大きな子。
日差しが眩しくて笑っているようにも見えます。

展望台
山の頂上には展望台があって海を見渡せるのですが、展望台の上から床を見ると面白そうな色の模様が。

キジトラ
来た道を下りる途中、先ほど見た大きなキジトラがゴロンと寝そべっていました。
他の2匹は何処かへ行ってしまったか、姿が見えなくなっていた。

茶白の二毛
帰り道で、チョコンと座っているニ毛を見掛けた。
この子は愛想よくて、すぐに寄って来てくれました。

寝ている白猫
最初はビニール袋でも落ちているのかと思って近づいてみたら白猫でした。
「誰がビニール袋だ!」と少々お冠か?
いえいえ、お休みのところを起こされて機嫌が悪いのでしょうね。


<緊急事態>
昨年来、地域で可愛がられている猫が突然いなくなると言う事態が発生しております。
特にここ数ヶ月で多くの猫がいなくなりました。地域で可愛がられ人にも慣れている子だけでなく、首輪をした飼い猫までが連れ去られております。
私の知る湘南地区だけでなく東京、横浜でも発生しているので外で飼っている方はもちろんの事、地域でお世話をなさっているボランティアの方々もご注意下さい。
また、当ブログをご覧の皆様にお願いです。
これ以上、被害を拡大させない為にも皆様のブログでも同様の呼び掛けをしていただけると幸甚です。
2013.03.06 Wed l l コメント (6) トラックバック (0) l top
まだまだ肌寒い日々ですが、春一番も吹いて季節の上では春ですね。
今週半ばからは気温もぐんぐん上がり本格的に春へ移動かな?
近所の梅も一気に花を咲かせて来ました。

梅

梅

梅

猫
まだ小さな子ですが、寒くて辛かった季節が終りを迎え暖かいお昼寝日和の日が来るのを知っているのか。

<緊急事態>
昨年来、地域で可愛がられている猫が突然いなくなると言う事態が発生しております。
特にここ数ヶ月で多くの猫がいなくなりました。地域で可愛がられ人にも慣れている子だけでなく、首輪をした飼い猫までが連れ去られております。
私の知る湘南地区だけでなく東京、横浜でも発生しているので外で飼っている方はもちろんの事、地域でお世話をなさっているボランティアの方々もご注意下さい。
2013.03.04 Mon l 写真 l コメント (12) トラックバック (0) l top