上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前回は、なっちゃんのキツイお目目を紹介したので、今回はやんわり風。

なつき
絞り2.0、シャッタースピード50分の1、ISO1600でシャッター優先モード。
手前のボケはテーブルの上に掛けたビニールクロスです。
上を見上げて時に瞳に蛍光灯が入ってキャッチライトになりました。
しかし狭い場所で寝そべってシャッターチャンスを待っていると、立ち上がった時に立ちくらみが。(^-^;

ひっくり返したすずのすけ
ついでにゴロンと寝ていた「すずのすけ」をへそ天にひっくり返してみた。
普段だったら、そのまま固まっているけど今回はすぐに崩れてしまった。
ちょっとご機嫌が悪かったか?
もっとも当人は、いじられる=遊んでもらってると思っているようなので、すぐにゴロゴロ言い出すけどね。

夜になって少し暖かくなってきたのかな?
それでも、我が家の猫達はフリースを何枚も重ねて中に潜ったりフカフカでポカポカ状態。
おかげで何もかける物がなく、今日も寒い私です。
早く暖かくならないかな?
スポンサーサイト
2013.02.27 Wed l l コメント (12) トラックバック (0) l top
寒い日が続いてます。
今日、会社の帰りに東京駅で電車を待っていると小雪がチラホラと頬をかすめていったような?
一昨日、昨日の猫パトロールを張り切り過ぎたせいか、今朝はダルダル。
こんな事で1週間持つのやら?(^-^;

さて、久しぶりに我が家の猫達。
最近は週末の猫パトで帰りも遅くなることもあって、昼寝から遠ざかって少しお冠のお嬢様。
私が帰宅して着替えているとベッドの上からジッとみている。

なつき
まるで、「今日は何処に遊びに行っていたのよ?」と問い詰めるような視線。(^-^;
この後のご機嫌取りが大変なんです。

すずのすけ
一方、暴君すずのすけ。
こちらは最初は一人で寝ているのだが人間が寝入るとママさんの毛布の中へ入り込む。
どうやら最初から一緒に寝るのは甘えているようでプライドが許さないのか?(笑)
「寒そうにしてたから、添い寝したんだかなね」とでも言いそうだ。
2013.02.25 Mon l l コメント (12) トラックバック (0) l top
初島から戻って帰るには、まだ少し時間があるのでバス待ちの間に近くの猫スポットをのぞいてみる。
さて、初めて会った時には仔猫だったけど大きくなっているかな?

黒仮面の猫
顎の部分からお腹に掛けてだけが白い黒白猫。
久しぶりだね。

こちらを見るハチワレちゃん
この子は初めて会ったのは昨年で、その時はまだ本当に仔猫だったけど大きくなったね。

ゴロンとする三毛
サビのような三毛ちゃん。
あんたは愛想いいよね。

様子を見るサバ白
このサバ白は、まだ幼い感じ。
お母さんソックリだね。

三毛が飛び付いた
さて、早速じゃらしでご挨拶。
三毛がいきなり飛び付いた。

じゃらしで遊ぶサバ白
でも、一番元気なのはサバ白。
チビッ子に他の2匹も譲ってあげているみたい。

飛び付く3匹

三毛のキャッチ

見つめる3匹

遊ぶサバ白

見上げる三毛

遊びを見ていた漁師さん達が「こいつら飽きもしないで遊ぶね。普段はあまり知らない人に近づかないんだけどね」と仰っていた。
普段は、こんな風に遊ぶことないから楽しいのかもね。

サバ白
そんなこんなしているうちにバスの時刻になって来たので、バイバイ。
また来るからね。

ヤンママ
最後に登場のヤンママ。
今度は、もっと早く出てきなよ。

マイケル長男・次男に出会えなかったのは心残りですが、末っ子が元気に飛び回っている姿を見掛けたから、多分居場所を代えて元気にしているものと思います。
また来月にでも様子を見に来るからね。
2013.02.23 Sat l l コメント (12) トラックバック (0) l top
前回に引き続き初島からご紹介。

犬の置物
>ダイバーショップ前に置かれた犬の置物。
最初に後ろ姿を見掛けた時は本物かと思った。

海岸
岩場の風景。
途中で水没している手摺はなんだろうと思っていたらダイバーが上がってくる時に使うものでした。

海岸
確かに岩場から上がってくるのにつかまる所がないと危ないよね。

天日干し
前のお店では、こんな風にして天日干しをしていました。

初島桜
初島桜も綺麗に花を咲かせてます。

島内であったキジトラ
教えてもらった猫スポットで出会ったキジトラ。
最初はすぐに逃げ出しそうだったけど、座り込んで呼んでいたらそばに寄って来た。

島内であった三毛猫
島内でも愛想が良い事で知られる三毛猫。
呼べばすぐ来て足元スリスリ。
撫でているとゴロンとしたり、すごく仕草が可愛い。

島内であった猫
何となく視線を感じて振り向くとキジ白が、こちらをジッと眺めていた。
カメラ構えて1枚撮ってから近づいて行くと、すぐに反転して逃げちゃいました。

島の光景
島内で見掛けたお店。
最初は後ろの家がお店と思ったら、実際は下に降りたところでした。
何だか紛らわしい看板だな。

この後も猫と出会ったのですが、持って行ったカメラがフリーズ状態になってバッテリーを抜いてリセットしている間に逃げられちゃいました。(^-^;
白い猫と茶トラでしたよ。
特に茶トラは可愛い顔していただけに残念。

島の待合所に猫の写真と名前が書かれたポスターが貼ってあり、30匹の猫がいましたが結局撮れなかった子も含めて10匹位しか出会えませんでした。
次回は、もっと沢山の子に会いたいですね。
2013.02.21 Thu l l コメント (12) トラックバック (0) l top
三連休最終日。
熱海港からフェリーに乗ってやって来たのは初島。
熱海には何度も行って港から初島行きのフェリーを眺めていたけれど、実際に上陸するのは初めてなんです。
最近では身近なダイビングスポットとして人気の島です。

初島の港
私にしては珍しく天気に恵まれ青い空と透き通るような海でした。

漁船のある港
海の底まで見えるような透明度。
熱海港からフェリーで約30分離れた島に、こんな綺麗な光景が展開しているとは思いませんでした。
聞けば、今の時期は透明度が一番高いとか?

網
派手な色の網を干してあります。
空の青さとの対比が綺麗ですね。

猫ハウス
初島港近くの待合所に併設されたニャンコハウス。
中には毛布やカイロが入れてあります。
柱の陰になってわかりにくいのですが、正面以外にもニャンコハウスが設置してありました。
この場所全体が待合所の一部になっているので雨風凌げるのがいいですね。
ここでニャンコハウスを掃除していた人がいたので話を聞いたところ、島内の「さかや」と言うお店の方で島の猫達のボランティアをやっているそうです。この方のブログでも「しまねこ」の事を紹介してます。下の文字をクリックして下さい。↓
ブログ「初島しまねこ日記」
因みに、待合所には島猫達の顔写真と名前が貼ってありました。

テトラポットの白猫
ボランティアさんから話を聞いて最初に向かったのはテトラポットが積まれた場所。
港らしくテトラポットブロックのところで白猫と会うことが出来ました。
一旦逃げて姿を消してしまったけど、いつの間にか私の後ろにいたのです。

ミニ灯台
島の中を探検していくと、こんなミニ灯台のある場所へ出ました。

潜水艦
近くの湾には潜水艦?
実はコレ初島の海底をのぞきながら走る観光船なんです。
船底がガラス張りになっていて海の中の様子を眺めることが出来るようです。

陸にあがった船
船の修繕中でしょうか?
ヨットのようにキャリーに乗せられ陸の上に上がってました。

大根干し
今度は山側へ上がってみると農家の風景があります。

三毛猫
ここで、最初にお会いしたボランティアの方のお店に行ってみると三毛猫がいました。
ここにもニャンコハウスがあるのですよ。

白猫
そしてハウス内での食事を終えて出て来たのが、この子。
何だか白くてふわふわの毛並みに見えます。
残念ながら触ることは出来ませんでしたが、大人しく写真を撮らせていただきました。

また、次回も初島の猫と島の光景をお伝えしたいと思います。
2013.02.20 Wed l l コメント (10) トラックバック (0) l top
今頃になって、今月の三連休の話題。
本来だったら三連休みだし少し遠出してと思っていたのですが、会社のネットワーク機器が故障しおまけに週末ビル内が停電だった為、交換作業後の復旧を中日の日曜日になったものだから連休気分なんてなくなってしまった。
仕方ないので最終日は、久しぶりに熱海まで足を延ばしてみました。

浜辺
露出をハイキーにしてソフト描写を加えて、更にクロスフィルターでキラキラ。

熱海桜
風は肌寒かったけど、陽射しは暖かく熱海桜はすでに見頃間近です。

熱海桜
ソメイヨシノに比べると寒桜系の特徴である濃いピンクですね。
そのまま順光で撮ると色が濃すぎるので逆光でソフトフィルターでやんわりと写してみました。

毛繕い
港ではニャンコが毛繕い。

港の猫
振り向いた茶白猫。

茶白猫
くるっと戻って来て私の前に座った茶白猫。
この子はとてもフレンドリー。もしかすると以前来た時に、まだ仔猫だった子かな?

茶トラ
茶トラも様子を見に来た。

茶白猫
冒頭で毛繕いしている子は、水を飲んで満足そう。

その後は、場所を移動してネネくんやマイケル3兄弟のいる公園へ行ってみた。
ところが着いてビックリ。それまで猫達がいた場所は綺麗に草が刈り取られ、面倒を見ていたホームレス小屋も全部撤去されていた。
嫌な予感がして周辺を回ってみたけど、猫達の姿を見掛けることが出来ず。
近くのベンチにバッグを置いてしばし呆然としていたら猫の鳴き声が聞こえた。

ネネくん
何処に居たのかネネ君が、こちらに向かって歩いてきた。
結局、ネネ君しか見掛ける事は出来なかったが元気でいて良かった。

130210_P2100661.jpg
お礼にブラッシングをすると、いつものように嬉しそうにしていたのが救いです。

この後、船で初島へ渡り帰りにもう一度寄ってみたら3兄弟の末っ子と小さな三毛猫が道端をちょろちょろ走り回っていた。
他にもキジトラの「ヤンママ」の姿も見掛けて、とりあえずネネ君以外にもまだ猫達が元気にしているのを確認することが出来てホッとした。
これまでも何度か会えない事もあったけど、次に行く時はマイケル兄弟にも会いたいね。
2013.02.19 Tue l l コメント (8) トラックバック (0) l top
週末は北風ビュービューで寒かったですね。
いつまでも寒い日が続くと外猫達の様子み気になります。

黒仮面
チョビのハチワレちゃん。寒くても元気いっぱいに飛び回っていた。

黒仮面
上に上がって遊びのターゲットを狙っているみたい。

ハチの爪とぎ
やる気十分のハチワレ。爪研ぎでスタンバイ。

三毛の爪とぎ
三毛ちゃんとサビちゃんも、負けてはいられないとばかり爪研ぎを始めた。

木登りハチワレ
すると突然、木に上りだすハチワレ。

木登り猫
負けじと木に上る鼻チョビハチワレ。

木登り猫
そんなに上って降りて来れるのか?と心配したが、そんな心配をよそにスルスルと降りて来る。
さすがに最後の方は木にしがみつきながらお尻から降りてきた。

サビ猫
「さて、次は?」と身構えるサビちゃん。

茶トラとハチワレ
何気なく、視線を公園入り口あたりに回すとハチワレと茶トラが取っ組みあいをしていた。
これは、取っ組みあいが終わった時の様子。
ハチワレの方は、まだやる気十分だね。

三毛のアップ
まだ目立って遊んでいない三毛ちゃんは、何となく不完全燃焼だったかも?
2013.02.18 Mon l l コメント (8) トラックバック (0) l top
今日は、猫達のほのぼのシーンを集めてみました。

130202e7_9720.jpg
ハチワレと黒白のご挨拶。
見ていると仲が良さそうだね。

茶トラとハチワレ
茶トラとハチワレのご挨拶。
ハチワレ君は、いつも出勤時間が遅いから先に来ていた、みんなにご挨拶に回るのが忙しい。

ミケ同士
上と下で三毛同士。模様も似ているし姉妹かな?
あまり2匹揃っているところは見かけないけど、この日はうまい具合に並んでくれました。

三毛ちゃんのゴロン
やがて皆で毛繕い。
そして三毛はあくびしながらゴロゴロ。

ハチワレの伸び
ハチワレはお腹出して伸び~。

ハチワレのゴロン
そのうち寝ちゃった。

茶トラのゴロン
茶トラは目の前でゴロン。
「撫でれ~!」とアッピール。

茶トラの伸び
「さぁ、行こう」と車の下から出て来て伸びする茶トラ。

黒マスク
フェンスを手摺代りにチョコンと身を乗り出す黒白。
そう言えば小湊鉄道のハチワレくんが、いつもこんな格好していたな。

また様子を見に行きたいけど、時間がなぁ~。(^-^;
2013.02.16 Sat l l コメント (12) トラックバック (0) l top
「猫を撮りに行くぞ」と意気込んで出掛けても、全然猫に会えない時もあれば「えっ?こんなところに猫がいた」となる事もあり猫撮り散歩は難しい。
そんな時、思いもかけない場所で猫を見付けるとやっぱり嬉しくなる。

通りで見掛けたキジ白
通りで何やら眺めているキジ白ちゃん。
早速、呼んでみたけど殆ど無視。まぁ、知らないヤツに着いて行かないことは猫界でも共通なんだろう。

車の脇の茶白猫
キジ白の後を着いて行くと駐車場に止めた車の下に入ってしまった。
入れ替わりのように登場したのが茶白ちゃん。これは結構綺麗な猫だね。

タイヤに隠れた茶トラ
シャッター音に気がついて自動車の後ろのタイヤの陰にいた茶トラも顔を出した。

塀の上の白三毛
近くの家の塀には白三毛?も様子を眺めている。
ちょっと目ヤニがついているけど模様といい毛並みといい綺麗な子だ。

三毛猫
下には三毛猫もいた。この子は他の子よりも年長さんみたいだった。

茶白
奥の方では、先程の茶白とは別の子と思われる茶白の子が見ている。

黒猫
奥を見てて気がつかなかったけど、足下には黒猫ちゃんがいた。

茶トラ
ちょっと目つき悪そうな茶トラくん。
でも、実はとても甘えん坊さんでした。

花壇のハチワレ
公園に着いたらハチワレ君がお迎え。
でも、そこって中に入らないで下さいと書いてあるぞ。
2013.02.15 Fri l l コメント (6) トラックバック (0) l top
公園で遊ぶ子供が猫を追いかけるので、一斉に散ってしまった公園を離れ前回紹介した場所で猫撮り&遊びをした後、再び最初の公園へ戻る途中にも猫がいた。

切り株とフェンスの上で寛ぐ猫
かなり離れた距離から撮ったのでオリジナル画像は猫も小さくしか写っていなかったので、猫の部分を中心にトリミング。
今回は最近、手に入れたフルサイズ一眼を持って行ったのだが、これまでのカメラよりも解像力は格段に違う事が実証できた。

枯葉の毛布でかくれんぼ?
続いて斜面の一番下の枯葉に埋もれて寝ていた子。これも猫を中心にトリミング。
ちょっと細めた目も確認できるところが、なかなかなモノだと思う。

階段で待つハチワレ
ここで遠目に猫の写真を撮っていたら、道路を渡ってハチワレ君がやってきた。
ゴハンをもらっているか、遊んでもらっているのかと思ったのかも?

やって来たハチワレ
階段の下で立ち止まり、我々が何をしているのか観察しているよう。
この後、我々が元居た公園の方へ移動すると、いつの間にか姿を消してしまった。

尻尾をピンと上げ茶トラが来た
さて公園に戻り猫達も集まっていたのですが、私は公園の外を一回り。
車の下に居た茶トラが私を見つけて、尻尾をピンと上げながら寄ってきた。

ゴロンと転がる猫
そして目の前でゴロン。
この子は以前来た時に、ブラシを掛けたり撫で撫でしてあげたりで喜んでいた子。
覚えていてくれたのか?
それにしても、いきなりゴロンとは?

車道を横切る猫
別の茶トラが車道を横切った。
こいつも興味ありそうにしていたのだが、1匹が構われていると遠慮がちに遠目で見ているのです。

ハチワレの横顔
公園に戻ると、夕方になると現れる事が多いハチワレ君がいた。
このハチワレ君は、なかなかの美猫です。

猫の遊び場
最近、島で知り合ったカメラマンさんの案内で近くの猫スポットに行ってみた。
突然現れた集団にビックリしたのか車の下や陰に隠れる子もいたが、ここでも数匹の猫と会う事が出来た。
この頃は、すっかり陽も沈みズームレンズから明るい単焦点へ変更。

ISO12800
写真は明るく見えますが、実際はかなり暗い状況下での黒猫撮影。
黒くつぶれないように露出をプラス補正し手ぶれ防止のシャッタースピードぎりぎりでセットしたら、ISO感度は12800まであがっていた。
これまでのカメラだとISO6400までが標準の上限で、ノイズもかなり出て来るのだがフルサイズカメラはISO12800でも、これまでのISO6400よりも良好みたい。

商店街
帰り際に振り向いて撮った商店街の一角。
また来週。
2013.02.12 Tue l l コメント (6) トラックバック (0) l top

CP+を午前中で切りあげ次に向かったのは、本来いつもやっている猫散歩。
「ここは何処から猫が出没するから分からないよ」と言う私の言葉にメンバー一同、カメラとレンズを準備して周囲を監視しながら前を進む。
早速、猫発見。

警戒モードの三毛猫
駐車場の奥の方に三毛猫がいた。
突然現れた人間に警戒モードありありです。

黒覆面の猫
公園には黒覆面をした子がフェンスを乗り越えてやって来た。
この後は続々と集合。

サバ白の爪とぎ
サバ白の子が一生懸命に爪研ぎしている。
猫が爪を研ぐ時は狩りの準備以外にも嬉しい時などがあるので、下僕がいっぱい来たと歓喜しているのか?

さて、本格的に腰を据えて撮ろうかと思っていたところで近くで遊んでいた子供達が猫を追い駆け始めた為、集まった猫達も一斉に散ってしまった。
仕方ないので、ここは子供がいなくなる時間を見計らってまた来る事にして次のエリアに進むこととした。

耳だけ三毛
ここは、いつも行く場所なので猫達もお馴染み。
先ずはハートがお出迎え。
この子の背中には黒いハート模様があるのですが、なかなか背中を撮らせない。(笑)

ハチワレ
鼻黒のハチワレがいた。
こいつは未だに慣れないなぁ~。

ワンポイント白猫
ハートに似ているけど耳の模様が一か所だけ。

三毛
いるんだかいないんだか、よくわからない三毛ちゃん。
ここの猫達の中では、立場が弱いようでいつも控えめ。
もう1匹、木に上っている事が多い大きな三毛がいるのですが、ここ半年以上姿を見掛けていない。
もっとも葉の生い茂る大きな木の上から降りて来ることが多いので気がつかないだけかも?

ゴージャスな黒猫
ちょっとゴージャスな毛皮を纏ったような黒猫。

階段を上る黒猫
近づくと逃げるくせに立ち去ると追い駆けて来る奴。

遅れて来たサバ白
大抵、いつも遅れて来る遅刻魔のサバ白。
相棒の茶トラとは、とても仲良しだが突然激しく猫パンチで殴り合うという面白い関係。

ここの後、また元の場所へと戻ります。
2013.02.10 Sun l l コメント (10) トラックバック (0) l top

CP+

先週、写真仲間と一緒にパシフィコ横浜で開催されていたCP+へ行って来ました。
元々はカメラショーがCP+というイベントに変ったみたいで、例年みなとみらい駅近くにあるパシフィコ横浜で開催されていて我が家から比較的近いのにもかかわらず行ったことがありませんでした。
今回ご一緒した方々は毎年行っているようで、それではと私も今年はご一緒させていただいた次第です。

ペンタックスQ10
昔、東京でカメラショーが開催されていた頃は、知り合いがカメラメーカーに就職して招待券を貰ったりしたので行ったことがありますが、久しぶりに行ってみたイベントはとにかく人がいっぱいでした。
正直、デジタル一眼は一通りのレンズが揃っているのと並んで見ている人が多いので写真展や、普段持ちできる小さいカメラの方が興味深々。
これはペンタックスQ10と言うレンズ交換できる一眼風のコンデジというべきカメラか?
様々なカラーバリエーションがあって、もっと安ければ1台欲しいかも?

トキナーレンズ
トキナーというメーカーは今は、フィルターメーカーのケンコーに吸収されてケンコートキナーというらしい。
でもトキナーブランドでレンズは出してますね。
昔はニコンのデザインに似たところがあって頑丈そうな筐体から人気だったと記憶してます。
純正レンズの半分くらいの値段が魅力です。

ニコン
ニコンブースではフルサイズ一眼の高感度体験でモデルさんを撮影するコーナーがあり、沢山の人が列を作っていたのですが、どうせ買えないカメラだしと列の案内をしているコンパニオンさんに声を掛けて撮らせていただきました。

パナソニックコンパニオン
ついでパナソニックコーナーから。
忙しそうにしていたところを二人並んでいただきありがとうございました。

EIZO
ナナオというモニターを販売している会社です。
カラーマネジメントをするには、こういうモニターが欲しいですね。

シグマ
どこのメーカーか忘れてしまった。
よく見ればパンフレットが逆さまですよ。

花柄姿のコンパニオン
このモデルさんだけは撮影会になっていたので、横から手をあげて撮らせていただきました。

ストロボは持って行かなかったので室内撮り用にと50ミリf1.2というレンズを持参。
いやはやピントの合う範囲が僅かで他は盛大にボケるのでまともに撮れた写真の少ないこと。(笑)
モデルになっていただいた皆様ごめんなさい。
この手のイベントは本当に久しぶりでしたが最終日とあって大勢の人で賑わっておりましたね。
我々は午前中で切り上げ、午後は地元の猫達をご案内させていただきました。
実は、こっちの方がメインだったりして。(^-^)


2013.02.09 Sat l 写真 l コメント (10) トラックバック (0) l top
昨日からの大雪情報で、今朝はJR各線が一部運休など70%の運転間隔での運行となった為、今朝の通勤は大混雑でした。
私鉄各社は、ほぼ平常運転だし時折みぞれ混じりの雨ではあったけど、こんなに間引き運転しなければ支障があることが逼迫しているのかと思いながらもラッシュで暑くなった車内に冷房が入った電車で、会社着く頃にはえらく疲れての出勤になってしまいました。

このところ暖かくなって春の足音も近づいて来ているのかと思ったけど、まだ寒い日は続きそうですね。
さて、今日は寒くなったけど先週あたりは昼間の陽射しがポカポカで、猫達もウトウトしている時間が長かった。

シャム
シャムは目を細めて陽射しが眩しそう。

ウトウトするシャム
ウトウトしちゃったよ。
何だか、タヌキみたいだね。

サバオのあくび
サバオくん、伸びしてユッタリモード。

ゴロンと転がる猫
駐車場では白キジが車止めに頭を押し付けゴロン。

クロミ
にゃぁ~にゃぁ~言いながらやって来た黒猫ちゃん。
逆光で黒猫撮るのって難しい。
2013.02.06 Wed l l コメント (10) トラックバック (0) l top
更新が遅れているうちに、すっかり季節外れになってきた江ノ島アイスチューリップ。
残りをこそっと公開。

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ

アイスチューリップ
そう言えば、このアイスチューリップ期間のフォトコンテストが開催されていたんだ。
確か2月8日(金)が応募締切日だったかも?
興味ある方は、応募してみては如何でしょうか?

囚われの猫
ライトアップの柵の中でお昼寝中の猫。
まるでワナに掛ったみたいだぞ。

2013.02.05 Tue l l コメント (8) トラックバック (0) l top
駅猫シリーズの最終回は、鉄道写真家として著名な「中井精也氏」のユル鉄写真風に撮ってみました。

線路に佇むサバ白
まずは線路脇の枕木に佇むキジ白。
露出をプラス補正して、コントラストを低く設定するとこんな感じになります。
晴れの日は難しいけど曇り空だと、いい感じになりました。(自己満足)

ユルユル風白猫
続いて愛想の良い白猫。
白猫の輪郭が判る程度に露出をハイキー調にしてソフトフィルター効果を加えてみました。

ホームで遊ぶ三毛
三毛ちゃんもソフトフィルター効果を掛けて、コントラストを下げてます。
こちらは、もっとハイキーにすべきだったかも?
以上、ユル鉄風に撮ってみましたが如何でしょうか。

続いて、駅猫シリーズ最後のワンショット集です。

花壇越しにサバ白
花壇越しのサバ白。

空を見上げるサバ白
線路で佇んでいる子と同じ子だと思ったら別のキジ白猫。
鳥が上空を通過していくのを眺めている。

爪とぎのキジトラ
格闘して逃げちゃったキジトラの子が戻って来て、爪とぎ中でした。

大欠伸
駅の管理棟の横に回ると先程のサバ白と思われる子が大あくび。

残照の猫
夕方の陽射しを浴びて三毛猫が現れた。
これは、また違った三毛だ。

三毛猫
こちらが最初に出遭った三毛。

さよなら白猫
さて、この電車を逃すと又、2時間待たなきゃいけないので帰らなきゃ。
白猫撫でてバイバイ!


2013.02.04 Mon l l コメント (8) トラックバック (0) l top
まだまだ続く駅猫シリーズ。
駅舎を出て、あたりをウロウロしてみたら以前も会ったことのある三毛猫が歩いていた。

三毛猫ウォーキング
呼んでみたが横をスイッと通り抜けちゃった。
駅で会った時には、そばに寄って来て遊んだのに別の場所で出会うと違い猫に変るのか?

3匹のキジトラ
住宅街にはキジトラ3匹が集まっていた。
そろそろゴハンの時間なのか?
いつもだと、もう少し見つかるのだが今回は他に猫の姿を見掛けることが出来ず駅に戻ることにした。

駅の三毛猫
駅に戻ってみたら、先ほどの三毛がいた。
今度は、呼んだらやってきた。
やはり場所で猫をかぶっているのかも?(笑)

ホームのキジ白と茶猫
ホームにはキジ白が登場。
その後に迫る茶猫。

ホームの三毛猫
キジ白と茶猫が追っかけっこをして去った後には三毛がポツンと座っていた。

線路で遊ぶ三毛猫
その三毛も今度は線路に移動。
この線路は電車が通っているのを見た事ないけど、猫達には遊び場なのかな。

ホームで佇む茶猫
キジトラと取っ組合いしていた茶猫もいつの間にか戻って来た。

キジ白
キジ白は、いつ戻ったのかホームの裏側にいた。

線路に下りたキジ白
キジ白がホームに下りると保護色みたいだね。

この後は、茶トラ・ハチワレ・白猫と続々と登場

茶トラ
茶トラ

ハチワレ
ハチワレ

白猫
白猫

この子達は外から駅に遊びに来たみたい。
白猫は特に愛想良しですぐにゴロンとしてくれました。
2013.02.03 Sun l l コメント (7) トラックバック (0) l top
駅猫シリーズ第2回目は、猫のバトル。
もともと仔猫時代は好奇心旺盛で仲間とじゃれ合いながら甘噛みとかを覚えていくもの。
私が駅に着くと、そこには2匹のまだ成猫とは言えないような1歳未満であろう猫が2匹いた。

茶猫
分類的にはキジトラになるのかな?
カメラを構える私の前にチョコンと座りこんだ。

キジトラ
こちらは、色が茶に近い模様の子。
いそうであまり見かけない柄だね。
針金のようなもので遊んでいたが、危ないから取上げてしまった。

カメラのストラップにじゃれるキジトラ
そうしたら、私のカメラのストラップで遊び始めた。
猫は赤色を認識できず、猫の目で見ると青に見えるそうだ。
そんな事はどうでもいいのだが、最近ストラップで遊ぶ子も増えてカメラのストラップも噛み跡などがついていたりする。

先制の猫パンチ
やがて2匹の間で小競り合い。
最初に手を出したのはキジトラの方で、先制の猫パンチを見舞った。

睨み合い
睨みを利かす茶猫。キジトラは退いた手で次のパンチを出そうか牽制しているようだ。

立ち上がるキジトラ
一気に上から圧し掛かろうとするキジトラ。
何となく戦闘意欲が起きない茶猫が不利な形勢。

キジトラの猫パンチ
追い討ちをかけるように右ストレート一閃。

再び睨み合い
再び睨み合い。
これまでのバトルを見ているとキジトラの方が強そうだね。
と思っていたら、この後・・・。

茶猫のタックル
茶猫の猛烈なタックルと押さえ込みでキジトラ退散。
圧倒的に手数を出していたキジトラだったけど、茶猫のタックルからの押さえ込みで敗退。

勝利の茶猫
キジトラがいなくなって茶猫は勝利の余韻に浸るように毛繕い。

ゆとりの茶猫
ちょっとドヤ顔か?(^-^)

まだまだ続く駅猫シリーズです。
2013.02.02 Sat l l コメント (4) トラックバック (0) l top
正月休み明けでダルダル気分でいたら、もう2月になってしまいました。
今週は週初めの出張で何となくリズムに乗り切れない内に金曜日になってしまった。
更新をちょっとさぼっていると、また写真がたまっちゃうなぁ~。

今回は駅猫を紹介させていただきます。
昨年後半から頻繁に撮り始めた駅猫達。
鉄道写真には興味ないけど、駅舎やホームと猫の写真て雰囲気あって好きなんです。

伸びする黒猫
いきなり出会った黒猫。さぁ遊ぼうと伸びをする。
咄嗟のことで変な角度から撮ってしまった。

尻尾だけ白い黒猫
よく見れば、この子はシッポの先だけが白い。

踏切で座る
もしもし、踏み切りの真ん中で立ち止まってはいけませんよ。

キジ白
どろぼう顔のキジ白。
この子は前に来た時には、茶トラがゴハンを独占していて唸りながらも遠目に終わるのを見ていたっけ?

ホームにたたずむ白黒猫
ホームに佇む白黒猫。
家に帰る電車を待っているのか?

猫の集会
気がつけば黒猫がわらわら現れた。
此処ってこんなに黒猫がいたんだ?

尻尾の白い黒猫
黒猫の中でも、尻尾の先が白い子が一番愛想が良い。
この子は平気で近づいて来てスリンスリン。

茶太郎がじゃれる
そしてゴージャスな毛皮を纏った子が近づいてスリンとご挨拶。
この子は確か「茶太郎」と呼ばれていた子だったな。

前回、来た時には犬を散歩に連れて来ている人がいて猫達も落ち着かない様子であったが、今回は静かな駅で思い思いに過ごしていた。

次回は駅を移動して引続き駅猫です。
2013.02.01 Fri l l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。