FC2ブログ

集合

12 /18 2012
前回の続きです。

キジ白の遊びっぷりを見て、ウズウズしていたチビッ子の白黒。
やっと毛糸玉をもらってワクワク。
それでもすぐには遊ばず、大きな猫達から離れたところへ持って行き遊び始めた。

弾けるチビッ子
ジャンプして飛び掛ってみたりと大はしゃぎ。

ジャンプするチビッ子
身体が小さいから、キジ白の時よりもボールが大きく見えます。

エイッ
何だか掛け声が聞こえてきそうな位、熱心に追いかけてました。

チビッ子が夢中になって遊んでいる頃、駅舎の前には猫たちが集まって来た。

ロシアンブルー?
まるでロシアンブルーの毛並みを思わせるような子。
この子は、ここにいる猫達とは相性が良くないのか一人離れていることが多かった。

茶白
小走りにやって来た茶白。
この子は以前、来た時にはチラッとだけ見かけた子。

白黒チビ
やって来た子達を遊ぼうと、猫じゃらしを取り出すと毛糸玉で遊んでいたチビッ子までやって来た。
「また、何か遊ぶの?」と仔猫らしく好奇心の塊。(^-^;

ボス猫
先ずは一番最初に登場したボスちゃんが飛び掛る。
表情の真剣さが怖いかも?
隣にはさっきまで毛糸玉で遊んでいたキジ白もいる。

1飛びつく茶白
次いで飛びつく茶白猫。

直立不動
お~い。夢中になりすぎてひっくり返るなよ。(笑)

チビッ子とじゃらし
案の定、後ろにひっくり返った茶白。
その時、じゃらしのボールがチビッ子のところへ転がった。
おいおい、毛糸玉はどうしちゃったの?

ボス
でも、すぐにボスが乱入して取られちゃった。

サバトラ
そんな時、背中で猫の鳴き声が聞こえたので振り向くと大きなサバトラ。

そして、入れ替わり立代りで次々に飛び掛ってきました。
そうこうしている内にお日様も上がり白々とした空が青く色づいてきた。(何時から居るんだというツッコミは、なしでよ。)

駅猫
お日様が顔を出して来ると、陽射しの良い場所でボスが固まっていた。

駅猫
こちらは茶白。


キジ白も現れた。

陽射しがたっぷり注いで来たら、またまた弾けるチビッ子。
このシリーズは、まだまだ続くよ。
そして、この後は養老渓谷の駅猫達も登場しますのでお楽しみに。

スポンサーサイト



punkuma

写真撮影が趣味のサラリーマンです。
日々、外猫を追っかけながら写真撮ったり遊んだり。
時折、季節の花々や風景などをカメラに収めております。