FC2ブログ

猫階段

11 /30 2012
迷い猫を探して猫散歩をしていた時に偶然見つけた猫スポット。
今回は、その一つをご紹介。
横浜駅から割りと近いこの場所は、通勤時に電車の車窓から毎日眺めていたけど猫がいるとは知りませんでした。
さて、早速本題でタイトルとなった猫階段とはこんな所。

121110v1_9064.jpg
夕方の日差しを浴びた小さな階段に4匹の猫が佇んでいた。
すぐ近くの弊の上には別の親子もいて、ビックリの猫密度。

121110v1_9037.jpg
お母さんの膝でウトウトする仔猫。
日が暮れて寒くなる前の束の間のひと時なのかな。

121110v1_9044.jpg
階段から降りて来た子。
これ以上は近づけませんでした。

121110v1_9052.jpg
日差しがスポットライトのように顔を照らす。
夕方だと言うのに強い日差しを浴びて目が線になっていた。

121110v1_8990.jpg
すぐ近くにある駐車場にも猫が寝ていた。

121110v1_8997.jpg
突然、現れた私にビックリした様子のハチワレ。

121110v1_9018.jpg
前後しますが、この子が猫階段を教えてくれました。
車の下で座っていた、この子の写真を撮っていたら視線が時折、違う方向を向いている。
「何かあるのかな?」と視線の先を追ったら最初の猫階段がありました。

この界隈、歩いて周辺を見渡してみると結構、猫がいるんです。

121110v1_8926.jpg
サビ猫は日陰で寝ていたので何となく寒そう。

121110v1_8933.jpg
こちらは眩しい位の日差しを浴びていた黒猫。
段々と近づく私に「何だコイツ?」という表情。

121110v1_8954.jpg
アパートのベランダでお休み中だった茶トラ。
ちょっと警戒している顔つきだけど、実はフレンドリー。
すぐに塀をやって来ました。
首輪はしていないけど、ふっくらしているし綺麗な子なので飼い猫かも?

121110v1_8964.jpg
この子は首輪をしていたので飼い猫だと思うけど、にゃぁ~にゃぁ~鳴きながらも近づくと逃げてしまう子だった。
「知らない人に付いて行っちゃダメよ」と教えられているのかな?(^-^)

121110v1_9079.jpg
駅への帰り道、牛乳店の配達用トラックの荷台で座っていた子。
「ニャンだ?」という視線ですか。

121110v1_9084.jpg
駅へ続く道に出ていた屋台の横にいた子。
屋台の人に世話をしてもらっているのか、大きな体で栄養状態も良さそう。
もしかすると看板猫かな?
でもお店の前ではなくて線路へ続く斜面にいた。

この日は、14時過ぎに出掛けて行ったので正味2時間程度の撮影でしたが意外な収穫にビックリでした。
スポンサーサイト



punkuma

写真撮影が趣味のサラリーマンです。
日々、外猫を追っかけながら写真撮ったり遊んだり。
時折、季節の花々や風景などをカメラに収めております。